16.20 - 部分テーブル コピー - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)

ARCを使用してデータベース全体をコピーするときに、1つまたは複数のパーティション プライマリ インデックス(PPI)テーブルから一部のデータをコピーすることができます。

ターゲット上に存在しないテーブルを指定すると、テーブルが作成され、一部のデータがテーブルにコピーされます。

データベース全体をコピーするときに、non-PPIテーブルから一部のデータをコピーしようとすると、エラーが発生します。

データベース全体をコピーする時に、"included"として指定されたテーブルが名前変更、再配置、または部分コピーされていない場合は、指定されたテーブル要素は無視されます。
  1. ジョブのジョブ定義情報を持つparameters.xmlファイルを開きます。
  2. データベース名の下で、selection="included"属性をtable要素に追加します。
  3. <name>要素を追加し、テーブル名を指定します。
  4. <sql_where_clause>要素を追加し、WHEREの制限を指定します。
  5. <key_columns>要素を追加し、一部のデータの列を指定します。
次の例では、DBName.PPIOrdersテーブルのorderdate列の一部のデータがターゲットのDBName.PPIOrdersテーブルにコピーされます。
<database selection= "included">
	<name>DBName</name>
		<table selection="included">
			<name>PPIOrders</name>
			<sql_where_clause>
				<![CDATA[WHERE orderdate IN (select orderdate from "DBName"."PPIOrders")]]>
			</sql_where_clause>
			 <key_columns>
				  <key_column>orderdate</key_column>
			   <key_column>orderkey</key_column>
				</key_columns>
		</table>
</database>