16.20 - テーブルおよびデータベースのコピー時の部分的な失敗について - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)

あるテーブルまたはデータベースのコピーが失敗した後で、ジョブのテーブルおよびデータベースのコピーが続行されるシナリオが多数存在します。

使用されるユーティリティ コピーされるオブジェクト シナリオ 結果
ARC テーブル ソース ユーザーにテーブルへのDUMPアクセス権限がない アーカイブ フェーズでテーブル コピーが失敗します。ジョブは続行され、ジョブの残りのテーブルはすべてターゲット データベースにコピーされます。
ARC テーブル ターゲット ユーザーにテーブルへのRESTOREアクセス権限がない コピー フェーズでテーブル コピーが失敗します。ジョブは続行され、ジョブの残りのテーブルはすべてターゲット データベースにコピーされます。
ARC テーブル いずれかのソース テーブルがfastloadまたはmultiloadされている テーブルはすべてターゲット データベースにコピーされます。ただし、ロード状態テーブルのステータス出力では、アーカイブ、コピー、および完了のステータスについて0行と表示されます。
ARC テーブル いずれかのソース テーブルが別のARCプロセスによって復元されている 復元状態のテーブルを含むすべてのテーブルがターゲット データベースにコピーされます。ただし、復元状態テーブルのステータス出力では、アーカイブ、コピー、および完了のステータスについて0行と表示されます。
ARC テーブル ターゲット ユーザーに、ある1つのデータベースへのCREATE TABLEアクセス権限がない ARCはそのデータベースのテーブルをスキップします。 CREATE TABLEアクセス権限があるデータベースのすべてのテーブルがターゲット データベースにコピーされます。
ARC データベース ソース ユーザーに、ある1つのデータベースへのDUMPアクセス権限がない ARCはそのデータベースをスキップします。ただし、DUMPアクセス権限があるデータベースはすべてターゲット データベースにコピーされます。
ARC データベース ターゲット ユーザーに、ある1つのデータベースへのRESTOREアクセス権限がない ARCはそのデータベースをスキップします。ただし、RESTOREアクセス権限があるデータベースはすべてターゲット データベースにコピーされます。
ARC データベース ターゲット ユーザーに、ある1つのデータベースへのCREATE TABLEアクセス権限がない ARCはそのデータベースをスキップします。ただし、CREATE TABLEアクセス権限があるデータベースはすべてターゲット データベースにコピーされます。
TPTAPI テーブル WHERE句でテーブルの列名が間違っている テーブル コピーが失敗します。ジョブは続行され、残りのテーブルはターゲット データベースにコピーされます。
TPTAPI テーブル ソース ユーザーに、ある1つのテーブルへのSELECTアクセス権限がない テーブル コピーが失敗します。ジョブは続行され、残りのテーブルはターゲット データベースにコピーされます。