16.20 - IDプールの構成 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)
グローバル レベルでのジョブの変更を許可するためにTeradata Databaseソース システムとターゲット システムの両方に対してIDプールを構成できます。各プールには固有の名前があり、システムごとに1人以上のユーザーを定義します。ジョブの作成時に、名前別にIDプールを指定します。Data Moverはソース システム名およびターゲット システム名とユーザー プロファイルに対するプールを検証し、そのジョブに利用可能なユーザーを無作為に選択します。

指定されたシステムのユーザーのプールから選択できるだけでなく、IDプールによりプール内の指定されているすべてのユーザーのパスワードを1つの場所で変更することができます。

IDプールの定義を変更すると、以前構成したジョブに影響することがあります。
  1. デーモン列で、構成するデーモンの名前をクリックします。
  2. デーモン セットアップ列で、IDプールをクリックします。
  3. IDプール列で、IDプールを追加するには、""をクリックします。
  4. IDプール名を入力します。
  5. システム信頼証明を追加をクリックします。
  6. システムをリストから選択します。
  7. ユーザー名パスワードを入力します。
  8. (オプション)ログイン設定が正しいかどうかを確認するには、テストをクリックします。
    操作が成功すると、""が表示されます。操作が失敗した場合、""が表示されます。 エラーを受け取った場合は、ログイン信頼証明が有効で、ホストが接続可能であることを確認します。
  9. OKをクリックします。
  10. (オプション) ""をクリックして、追加システムを追加します。
  11. (オプション) ""をクリックして、システムを削除します。
  12. (オプション)編集をクリックして、選択したシステムとその関連する信頼証明を変更します。
  13. 適用をクリックします。