16.20 - 複数のData Moverエージェントの並列使用 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata ARCまたはTeradata PT APIを使用して大量のデータをコピーするジョブでは、単一のデータベース オブジェクトに対するコピー タスクを複数のエージェントに配分できます。この場合、Data Moverでは各エージェントに関連付けられているデータ ストリームのリソースを組み合わせて使用できるため、パフォーマンスが向上します。エージェントで複数のデータ ストリームを使用してタスクを並列で処理すると、オブジェクトのコピー時間が短くなります。

複数のエージェントを並列で使用する場合、次の制限が適用されます。
  • 複数のエージェントがData Mover環境にインストールされている必要があります。
  • ジョブは、Teradata ARCまたはTeradata PT APIのみを使用できます。
  • Teradata ARCを使用するジョブは、テーブル、データベース、およびジャーナルのデータをコピーします。
  • Teradata PT APIを使用するジョブは、テーブルのデータのみをコピーします。
Data Moverで追加のSQL操作を実行する必要がある場合、この作業は単一のエージェントに割り当てられます。
max_agents_per_taskが指定されていない場合、または値なしで指定された場合、Data Moverは最適なパフォーマンス値を動的に設定します。

createコマンドの次のパラメータ ファイルでは、Data Mover環境にオンラインのエージェントが5つあると想定しています。このファイルの設定は、Teradata ARCまたはTeradata PT APIを使用するジョブに対して有効です。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes"?>
<dmCreate xmlns="http://schemas.teradata.com/dataMover/v2009"
    xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
    xsi:schemaLocation="http://schemas.teradata.com/unity/datamover.xsd">
				<job_name>floyd_dmdev_create</job_name>
				<source_tdpid>floyd</source_tdpid>
    <source_user>dmguest</source_user>
    <source_password>please</source_password>
    <target_tdpid>dmdev</target_tdpid>
    <target_user>dmguest</target_user>
    <target_password>please</target_password> 
    <data_streams>4</data_streams>
    <max_agents_per_task>4</max_agents_per_task>
    <source_sessions>4</source_sessions>
    <target_sessions>4</target_sessions>
    <force_utility>arc</force_utility>
    <log_level>0</log_level>
    <database selection="unselected">
  			<name>dmguest</name>
				<table selection="included">
				<name>orders_2010</name>
				</table>
    </database>
</dmCreate>