16.20 - フェールオーバー プロセス - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)

dmclusterサービス スクリプトは、クラスタ上でさまざまなコマンドを実行するために使用されます。dmclusterサービス スクリプトは/opt/teradata/client/nn.nn/datamover/failover/にあります。ここで、nn.nn16.10などの、Data Moverのメジャーおよびマイナーのバージョン番号を表わします。dmcluster configを使用してクラスタの構成が完了すると、すべてのアクティブ コンポーネントがアクティブ モードで開始されます。アクティブ デーモン、エージェント、または同期サービスが実行されている場合、それらは停止し、アクティブ モードで再起動されます。スタンバイ コンポーネントはすべて停止し、リモート同期サーバーの同期サービスはスタンバイ モードで開始されます。モニタリング サービスは、アクティブ コンポーネント サーバーに一定間隔でSSH接続することでアクティブ コンポーネントのモニタリングを開始し、サービスが起動および実行されているかどうかを確認します。アクティブData Moverデーモン、アクティブ リポジトリ、アクティブActiveMQ、またはアクティブ デーモンによって使用されるすべてのエージェントがダウンしている場合、フェールオーバー順序がスタンバイ デーモン サーバーで開始されます。フェールオーバー順序は、アクティブ サーバー上のデーモン、エージェント、ActiveMQ、同期サービスをシャット ダウンし、スタンバイ サーバー上のデーモン、エージェント、ActiveMQ、同期サービスをアクティブ モードで開始します。また、古いアクティブ同期サービスをスタンバイ モードで開始しようとします。

フェールオーバー順序が完了すると、モニタリング サービスはスタンバイのモニタリング サーバーにシフトし、新しいアクティブ コンポーネントのモニタリングを開始します。モニタリング サービスがスタンバイ サーバー上で実行されているデーモンまたはActiveMQプロセスを見つけると、自動的にシャット ダウンし、2つのサービスが同時にアクティブになることを防止します。

ここでdmcluster statusコマンドを実行すると、次のように示されるはずです。
  • Data Moverデーモンは、local.daemon.hostで実行されていません。
  • Data Mover同期サービスは、local.repository.hostでスタンバイとして実行されています。
  • Data Moverエージェントは、local.agents.hostに指定されたホスト上で実行されていません。
  • モニタリング サービスは、local.monitor.hostで実行されていません。
  • Data Moverデーモンは、remote.daemon.hostで実行されています。
  • Data Mover同期サービスは、remote.repository.hostでアクティブとして実行されています。
  • Data Moverエージェントは、remote.agents.hostに指定されたホスト上で実行されています(ただし、エージェントがアクティブおよびスタンバイのデーモンによって共有されている場合を除きます)。
  • モニタリング サービスは、remote.monitor.hostで実行されています。
  • ActiveMQはremote.daemon.hostで実行されています。
  • ActiveMQはlocal.daemon.hostで実行されていません。

dmFailover.logは、フェールオーバー順序に関する詳細な情報を提供します。

フェイルオーバーの構成方法の詳細については、Teradata® Data Moverインストール、構成、アップ グレード ガイド、ユーザー用、B035-4102を参照してください。このセクションでは、フェイルオーバーで使用されるすべてのコンポーネントについて説明します。