16.20 - 信頼証明プールの作成 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)
configuration.xmlファイルは、1つ以上の信頼証明プールに関連付けられた1つまたは複数のシステムとユーザーを作成するために使用されます。
  1. datamove list_configurationを実行してconfiguration.xmlを生成します。
  2. configuration.xml<key>job.useGroupUserIDPool</key>セクションを編集し、次の値を入力します。
    パラメータ
    value

    trueまたはfalse

    値がTrueの場合、Data Moverは、プールで指定されたソース システムおよびターゲット システム、またはユーザーを選択できます。

    値がFalse (デフォルト)の場合、プールで指定されたソース システムおよびターゲット システム、またはユーザーは、Data Moverジョブに対して選択されません。

    system.name システムの名前を入力します。
    name ユーザーの名前を入力します。
    password 暗号化されていないパスワードを使用するための値を入力します。
    encrypted_password 暗号化されたパスワードを使用するための値を入力します。
  3. 信頼証明プールが作成され、プロパティjob.useUserIdPoolconfiguration.xmlでtrueに設定されると、Data Moverはジョブの実行時に利用可能なソース システムまたはターゲット システムを指定されているプールから選択します。