16.20 - ジョブ ステップの停止 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)

ジョブが開始されるたびに、検証ステップが実行され、ジョブが初めて作成されてから実行されるまでの間に生じたソース環境とターゲット環境の変更が取得されます。これは、頻繁に実行されるジョブのパフォーマンスに悪影響を与える可能性があります。

作成後もソース環境とターゲット環境が変わらないジョブについては、freeze_job_stepsパラメータを使用して、ジョブを実行するたびにジョブ ステップが再作成されないようにします。

freeze_job_stepsパラメータがtrueで、ジョブのターゲット オブジェクトのステータスがnon-existsからexistsまたはemptyからnon-emptyに変わる場合、Data Moverは、ARCを使用したテーブル コピー全体ではなくテーブルとビューのオブジェクトのみに対してジョブのステップを作り直します。

ジョブのソース環境とターゲット環境に何らかの変更があった場合は、update_job_stepsコマンドを使用してジョブ ステップをリフレッシュします。

  1. ジョブのジョブ定義情報を含むparameters.xmlファイルを開きます。
  2. 適切な場所にfreeze_job_stepsパラメータを追加します。
  3. freeze_job_stepsの値をtrueに設定します。
    指定しない場合のデフォルト値はfalseです。freeze_job_stepstrueに設定されていると、ジョブの作成後にソース環境またはターゲット環境に変更があった場合、ジョブの実行時にエラーが生じることがあります。この場合は、update_job_stepsコマンドを実行してジョブ ステップをリフレッシュします。