16.20 - ステージング テーブルを使用する場合のジャーナリングの制限 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)

場合によっては、Teradata ARCを使用する時にジョブがステージング テーブルにテーブルをコピーすることができます。その後、ジョブはステージング テーブルからターゲット テーブルまでINSERT/SELECT文を実行します。テーブルがターゲットに存在しない場合、Data MoverはSHOW TABLEからの出力を使用してターゲット テーブルを作成します。

ジョブがTeradata ARCおよびステージング テーブルを使用する場合、次の制限が適用されます。
  • テーブルがターゲットに存在せず、ジャーナルが関連付けられている場合、関連付けられたジャーナルはターゲットに存在しなければなりません。これは、<journaling>false</journaling>がテーブルに対して指定されている場合にも適用されます。
  • テーブルがターゲットに存在し、ジャーナルが関連付けられている場合、Data Moverはターゲット テーブルに対するジャーナル属性を維持します。これは、<journaling>false</journaling>がテーブルに対して指定されている場合にも適用されます。
ターゲット ユーザーがジャーナルに関連付けられたターゲット テーブルを作成するには、テーブル作成権限が必要です。

ステージング テーブルに対してジャーナル データの適用、またはコピーを試みると、作成時エラーが発生します。このエラーを避けるために、コピーしているテーブルの<journaling>属性をfalse.に設定します。

Data Moverは、次のシナリオでステージング テーブルを使用する必要があります。
  • ジョブがTeradata Database間でテーブルをコピーし、ソース テーブルに結合インデックスまたはハッシュ インデックスがある場合。
  • ジョブがテーブルおよびそれに関連するトリガー(action_timeパラメータとしてBEFOREを指定する)をコピーする場合。
  • ジョブが外部キーを使用するソース テーブルをコピーし、テーブルがターゲットに存在しない場合。
  • ジョブがTeradata ARCを使用して部分テーブル コピーを行なう場合。