16.20 - 部分コピーについて - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)
デフォルトでは、ソースおよびターゲットTeradata DatabaseバージョンでTeradata ARCが使用できるときは、Data MoverはTeradata ARCを使用してパーティション プライマリ インデックス(PPI)テーブルの部分コピーを実行します。Teradata ARCを使用できないときは、Data Moverは読み取りフェーズにはTeradata PT Exportオペレータを使用し、書き込みフェーズにはLoadオペレータ、Updateオペレータ、またはStreamオペレータを使用します。完全テーブル コピーと部分テーブル コピーの両方の場合、書き込みフェーズに適用されるTeradata PT APIオペレータの優先順位は次のとおりです。
  1. ロード
  2. 更新
  3. ストリーム

同じジョブに完全テーブル コピーと部分テーブル コピーの両方が存在する場合は、テーブルが完全コピーでTeradata ARCユーティリティを使用できる場合でも、Data MoverはTeradata PT APIプロトコルを使用してそれらのテーブルのデータをコピーします。Exportオペレータは、単一AMP操作となるWHERE句をサポートしません。これには、テーブルのプライマリ インデックスまたは固有セカンダリ インデックス列に等価条件を含む制約付きのSELECT文など(例えば、col1がテーブルのプライマリ キーのとき、WHERE col1 = 1など)があります。このような場合は、JDBCを使用するよう強制する必要があります。