16.20 - ジョブの設定について - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)
ジョブには、ジョブの作成後に適用されるデフォルト設定があります。デフォルトのジョブ設定を変更するには、ジョブの設定タブを使用します。
フィールド 説明
優先順位 ジョブを開始するための相対優先順位を設定します。実行キューに複数のジョブがある場合、Data Moverはこの優先順位に基づいて最初に実行するジョブを判断します。この優先順位は、最初に実行するタスクを判断する場合にも使用されます。低、中、または高を選択することができ、デフォルトは中です。ジョブが実行待ちのキューに入れられている場合は、優先順位の高いジョブが優先順位の低いジョブより前に開始されます。ジョブの優先順位を示す列は保存されたジョブ ビューに表示されます。
オンライン アーカイブの使用 ソース テーブルをターゲットにコピーしている間に、ソース テーブルへの読み取りおよび書き込みアクセスを設定します。Teradata ARCまたはTeradata DSAジョブにのみ適用されます。コピー プロセス中にソース テーブルを更新することはできますが、その変更はターゲット テーブルには転送されません。ターゲット テーブルに含まれるデータは、コピー プロセスの開始時のソース テーブル内のデータと一致します。

オンライン アーカイブは、より多くの処理を要求するのでジョブのパフォーマンスが低下します。

ロギング レベル ジョブのロギングに指定される詳細量を次のように設定します。
  • オフ: ロギングを無効化します。
  • 1: 最小ロギングを有効にします。エラー メッセージや警告メッセージなどの、基本情報を提供します。
  • 2: 追加ロギングを有効にします。情報メッセージなどを含む、追加情報を提供します。
  • 99: 完全ロギングを有効にします。デバッグ メッセージなどを含む、詳細情報を提供します。
上書き許可 ターゲット テーブルまたはオブジェクトが存在する場合は、ターゲットのテーブルとオブジェクトを自動的に上書きする場合に設定します。
次に、Teradata Databaseに、結合インデックス、ハッシュ インデックス、ジャーナル、およびトリガーを移動する際の動作の概要を示します。
同じ名前の結合インデックスまたはハッシュ インデックス
ソース データベースの結合インデックスまたはハッシュ インデックスの名前がターゲット データベース内のインデックスの名前と同じ場合、そのインデックスは上書きされます。
結合インデックスまたはハッシュ インデックスが関連付けられているテーブル
結合インデックスまたはハッシュ インデックスが関連付けられているテーブルがターゲット上に存在する場合、ターゲット テーブルが上書きされ、新しくコピーされたテーブルに対して結合インデックスまたはハッシュ インデックスが再作成されます。
永久ジャーナルがあるテーブル
ターゲット テーブルは、ソース テーブルと同じジャーナル名を使用する必要があります。ジャーナルのソースとターゲットの名前が異なると、エラーが発生します。
同じ名前のトリガーが存在する
ソース内のトリガーと同じ名前のトリガーがターゲット データベースに存在し、それらのトリガーが同じデータベース内にある場合、ターゲットのトリガーは上書きされます。
トリガーのあるテーブルが存在する
トリガーのあるテーブルがターゲット上に存在する場合、ターゲット テーブルは上書きされます。新しくコピーされたテーブルに対してトリガーが再作成されます。
DDLの比較 ソース テーブルおよびソース ビューのDDLをそれらの既存のターゲット テーブルおよびターゲット ビューのDDLと比較する場合に設定します。ビューの比較は、copyData属性がtrueと設定されている場合にのみ行なわれます。
  • デフォルト: Data Moverセットアップ ポートレットのデーモン設定を使用します。
  • True: ソース テーブルおよびソース ビューのDDLを、対応するターゲット テーブルおよびターゲット ビューのDDLと比較します。
  • False: ソース テーブルおよびソース ビューのDDLを、対応するターゲット テーブルおよびターゲット ビューのDDLと比較しません。
データベースをクライアント暗号化 任意のData Moverインターフェースを使用して特定のジョブ、テーブル、またはビューの暗号化を有効にする場合に設定します。
  • デフォルト: Data Moverセットアップ ポートレットのデーモン設定を使用します。
  • True: デーモン設定を上書きし、暗号化を有効にします。
  • False: デーモン設定を上書きし、暗号化を無効にします。
イベント テーブル ロギング 編集ボタンをクリックし、1つ以上のイベント テーブルを選択して、ジョブに関連するイベントのロギングを設定します。

オプションは、イベント テーブルがData Moverセットアップ ポートレットで指定されている場合に表示されます。

ジョブ権限 ユーザーおよびロールに読み取り、書き込み、および実行の権限を設定します。
ARC IDプールを使用 ターゲット システム内の複数のユーザーをジョブの実行に使用できるように設定します。Teradata ARCジョブにのみ適用されます。このオプションをジョブで使用する前に、まずTeradata Viewpoint管理者がターゲット システムのユーザー名とパスワードをData Moverセットアップで追加する必要があります。
ジョブ ステップの停止 最初にジョブが作成されてから実行されるまでの間のソース環境とターゲット環境の変更を検証する場合に設定します。このオプションを選択した場合は、後で保存されたジョブ ビューからジョブ ステップを更新することができます。
通常、このオプションはパフォーマンスを向上させます。
ファイルのオプション Hadoopの場合は、テキスト、RC、またはORCおよびカンマ(,)などの任意の区切り記号を選択します。
外部サーバー名 TeradataとTeradataシステムまたはTeradataとHadoopシステム間でデータをコピーするために作成された外部サーバーを選択します。
クエリーバンド ユーザー定義の一連の名前と値の組み合わせをセッションまたはトランザクションにタグ付けする場合に設定します。ジョブにクエリー バンドを定義すると、その定義はData Moverによってそのジョブのソース システム上およびターゲット システム上のすべてトランザクションに使用されます。
ターゲット データベース ジョブ リクエストに含まれるすべてのデータベース オブジェクトに使用するデフォルトのターゲット データベースを設定します。""をクリックしてデータベースを選択します。フィルタリングを使用すると、入力した文字に一致する項目のみを表示することができます。
テーブルのソース ステージング データベース ジョブ リクエストに含まれるすべてのテーブルに使用するデフォルトのソース ステージング データベースを設定します。""をクリックしてデータベースを選択します。フィルタリングを使用すると、入力した文字に一致する項目のみを表示することができます。
テーブルのターゲット ステージング データベース ジョブ リクエストに含まれるすべてのテーブルに使用するテーブルのデフォルトのステージング データベースを設定します。""をクリックしてデータベースを選択します。フィルタリングを使用すると、入力した文字に一致する項目のみを表示することができます。
一時データのターゲット ステージング データベース ワーク テーブル、ログ テーブル、エラー テーブル、マクロなどの一時データのデフォルトのステージング データベースを指定します。""をクリックしてデータベースを選択します。フィルタリングを使用すると、入力した文字に一致する項目のみを表示することができます。