16.20 - create_event_table - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

create_event_tableコマンドは、指定されたデータベースにTMSMEventと呼ばれるテーブルを作成します。

構文

http://schemas.teradata.com/unity/DataMover.xsdを参照してください。

パラメータ

パラメータの順序を参照してください。

broker.port
(オプション)実行時に別のActiveMQサーバーに接続する(その結果別のデーモンに接続する)ために、ブローカー ポートを入力して、commandline.propertiesファイルに指定されているデフォルト値を上書きすることができます。
例: 61616
broker.url
(オプション)実行時に別のActiveMQサーバーに接続する(その結果別のデーモンに接続する)ために、ブローカーURLを入力して、commandline.propertiesファイルに指定されているデフォルト値を上書きすることができます。
例: dm-server1
event_database
イベント テーブルが作成されるTeradataサーバー上のデータベースの名前。
例: db1
event_table_name
特定のTMSMEventテーブル インスタンスの一意のラベル。含まれる文字数は最大128文字です。このラベルは、イベント テーブルの変更や削除などのアクションを実行するときに使用されます。
例: event1
security_password
(オプション)スーパー ユーザーまたは許可されたViewpointユーザーのパスワード。
例: 53cUr17y
Data Moverデーモンでセキュリティの管理が有効になっている場合に必須。 -security_password_encryptedも指定されている場合は、無効なパラメータになります。
security_password_encrypted
(オプション) スーパーユーザーの暗号化されたパスワード。
例: 052c7aabd14c7770141ac3c0137ab98ae0d3f0f7cddf588981206b010c0c1b2f
Data Moverデーモンでセキュリティの管理が有効になっている場合に必須。 -security_passwordも指定されている場合は、無効なパラメータになります。
security_username
(オプション)スーパー ユーザーまたは許可されたViewpointユーザーのユーザーID。スーパーユーザーのユーザーIDはdmcl_adminで、変更できません。
Data Moverデーモンでセキュリティの管理が有効になっている場合に必須。
system
イベント テーブルがインストールされるTeradataシステムの名前。IPアドレスまたはシステム エイリアスのいずれかになります。
例: tdsys1
user_name
Teradataシステムの既存のTeradataユーザー。このユーザーはイベント テーブルを作成し、作成したテーブルにイベントを挿入します。Data Moverはユーザー情報を格納します。ユーザーには、指定されたevent_databaseに対するCREATEおよびINSERT権限が必要です。
例: dmuser1
user_password
user_nameのTeradataユーザー パスワード。
例: dmuser1
use_existing_event_table
イベント テーブルが既に存在しtrueに設定されている場合、Data Moverはテーブルを新規作成せずに既存のテーブルを再利用します。
例: false

XMLファイルの例

create_event_tableコマンドの場合は、datamove create_event_table -f parameters.xmlと入力します。

次の例は、create_event_tableコマンドのパラメータ ファイルを示しています。
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes"?>
<dmCreateEventTable xmlns="http://schemas.teradata.com/dataMover/v2009"
xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
xsi:schemaLocation="http://schemas.teradata.com/unity/datamover.xsd">
	<event_table_name>eventTable1</event_table_name>
	<system>tdsys1</system>
	<user_name>tduser</user_name>
	<user_password>tdpass</user_password>
	<event_database>eventdb</event_database>
	<use_existing_event_table>false</use_existing_event_table>
</dmCreateEventTable>