16.20 - Teradata ARCまたはTeradata PT APIを使用するジョブでの複数エージェントの使用 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata ARCまたはTeradata PT APIを使用するジョブに対して、複数のエージェントはcreateコマンドまたはmoveコマンドを使用し、コマンドのXMLファイルを編集することによって、テーブル、データベース、ジャーナルなどの単一の大きなデータベース オブジェクトをコピーできます。

  1. max_agents_per_task要素を追加します。
  2. max_agents_per_task要素の値を、1より大きく、インストールされているオンラインのエージェントの数以下の整数に設定します。
    この値は、ジョブ内の各データベース オブジェクトのコピー用に割り当てられるエージェントの最大数に相当します。
  3. data_streams要素の値を1よりも大きい整数に設定します。
    各エージェントに1つ以上のデータ ストリームを割り当てて、作業を複数のエージェントに分配します。
  4. Teradata PT APIのみに対しては、source_sessionstarget_sessionsの値をdata_streamsの値以上の整数に設定します。
    Teradata PT APIは、セッションをデータ ストリーム間に分散します。各Teradata PT APIデータ ストリームには1つ以上のソース セッションと1つ以上のターゲット セッションが必要であるため、ソース セッションとターゲット セッションの数はデータ ストリームの数以上である必要があります。
    Teradata ARCとTeradata PT APIに対して、すべての条件がtrueでなければならないパラメータ値は次のとおりです。
    パラメータ 製品
    max_agents_per_task > 1 Teradata ARCおよびTeradata PT API
    max_agents_per_task <= number-of-online-agents Teradata ARCおよびTeradata PT API
    data_streams > 1 Teradata ARCおよびTeradata PT API
    source_sessions >= data_streams Teradata PT API
    target_sessions >= data_streams Teradata PT API

    値を指定しなければ、Data Moverは最適なパフォーマンスが得られるようにmax_agents_per_taskを動的に計算します。

    次のテーブルでは、data_streamsmax_agents_per_tasksource_sessions、およびtarget_sessionsの各パラメータの異なる値に対する動作について説明します。
    説明
    max_agents_per_taskがオンラインのエージェントの数より大きい。

    Teradata ARCおよびTeradata PT API:

    max_agents_per_taskをオンラインのエージェントの数に等しくします。
    data_streamsmax_agents_per_taskよりも大きい。

    Teradata ARCおよびTeradata PT API:

    使用できるデータ ストリームをオンラインのエージェント間に均等に配分して最適化します。
    max_agents_per_taskdata_streamsの値より大きい。 タスクの実行に使用されるエージェントの数がdata_streamsの値と等しいです。
    data_streamsmax_agents_per_taskが指定されていない。

    Teradata ARCおよびTeradata PT API:

    最適なデータ ストリームが最初に計算され、max_agents_per_taskの値は計算されたdata_streamsと同じに設定されます。
    source_sessionsまたはtarget_sessionsdata_streamsより小さい。

    Teradata PT API のみ:

    source_sessionsまたはtarget_sessionsをデータ ストリームの数に等しくします。
    source_sessionsまたはtarget_sessionsが指定されていない。

    Teradata ARCおよびTeradata PT API:

    source_sessionsまたはtarget_sessionsを動的に設定して、最適なパフォーマンスを提供します。
    data_streamsが指定され、max_agents_per_taskが指定されていない。

    Teradata ARCおよびTeradata PT API:

    max_agents_per_taskの値をdata_streamsに等しくします。
    data_streamsが指定されておらず、max_agents_per_taskが指定されている。

    Teradata ARCおよびTeradata PT API:

    最適なデータ ストリームが計算されます。max_agents_per_taskが指定され、値が計算されたデータ ストリームの値以下の場合は指定された値が使用されます。それ以外の場合、max_agents_per_taskの値は計算されたデータ ストリームの数と同じに設定されます。