16.20 - list_agents - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

list_agentsコマンドは、Data Moverデーモンに接続されたData Moverエージェントを表示します。

構文

http://schemas.teradata.com/unity/DataMover.xsdを参照してください。

パラメータ

パラメータの順序を参照してください。

agent_names
(オプション)指定したエージェントの接続を一覧表示します。エージェントを指定するときは、カンマを使用してエージェントを区切ります。スペースは使用しないでください。
例: AgentA,AgentB
broker.port
(オプション)実行時に別のActiveMQサーバーに接続する(その結果別のデーモンに接続する)ために、ブローカー ポートを入力して、commandline.propertiesファイルに指定されているデフォルト値を上書きすることができます。
例: 61616
broker.url
(オプション)実行時に別のActiveMQサーバーに接続する(その結果別のデーモンに接続する)ために、ブローカーURLを入力して、commandline.propertiesファイルに指定されているデフォルト値を上書きすることができます。
例: dm-server1
frequency
(オプション) Data Moverエージェントのステータスを更新する頻度(秒単位)。
例: 5
このパラメータを指定すると、Data Moverエージェントのステータスは、frequency秒ごとに更新されます。 ステータスの更新を停止するには、システムのINTR文字(UNIX)を押すか、Ctrl+C (Windows)を押します。frequencyパラメータを指定しないと、ステータスは一度だけ表示されて、更新されません。

使用上の注意

agent_namesパラメータを指定しない場合、list_agentsコマンドは接続されているすべてのエージェントを一覧表示します。agent_namesを使用すると、指定したエージェントの接続のみが一覧表示されます。

XMLファイルの例

list_agentsコマンドの場合は、datamove list_agents -f parameters.xmlと入力します。

次の例は、list_agentsコマンドのパラメータ ファイルを示しています。
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes" ?>
<dmListAgents
 xmlns="http://schemas.teradata.com/dataMover/v2009"
 xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
 xsi:schemaLocation="http://schemas.teradata.com/unity/datamover.xsd">
  <agent_names>AgentA</agent_names>
</dmListAgents>