16.20 - ジョブの問題に対する解決方法 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)
問題 説明 解決方法
既存オブジェクトの上書き時のエラー 上書きオプションは、ターゲットに存在するテーブルの上書きが許可されるかどうかを示します。overwrite_existing_objectsパラメータの値がfalseで、テーブルがターゲットに存在する場合、ジョブの作成時に次のエラー メッセージが生成されます。テーブルXXは、ターゲットに存在します。OverwriteExistingOjbectsプロパティをtrueに変更して再試行してください。 新規ジョブの作成中にエラー メッセージが表示された場合は、create.xmloverwrite_existing_objects要素の値をtrueに変更するか、createコマンドのoverwrite_existing_objectsパラメータを変更します。既に作成済みのジョブではこのオプションは変更できないため、必要に応じて新規ジョブを作成してください。falseとして指定された上書きオプションでジョブが作成され、ターゲットに存在していたテーブルがジョブの作成と実行の間にターゲットで削除された場合、ジョブの実行時にテーブルはターゲットに作成されません。
Data Moverエージェントが存在しない コマンドラインで次のエラーを受信します。デーモンはエージェントを見つけられません。ジョブを実行するには、少なくとも1つのエージェントが必要です。 /etc/init.d/dmagent statusを実行して、いずれかのData Moverエージェントが現在オンラインになっているかどうかを確認します。オンラインのData Moverエージェントがない場合は、Data MoverエージェントがインストールされたTeradataサーバーに移動して、次の処理を実行します。
  1. /etc/init.d/dmagent statusを実行して、Data Moverエージェントがアクティブかどうかを決定します。
  2. Data Moverエージェントがアクティブでない場合、/etc/init.d/dmagentを実行して起動します。
Data Moverデーモン ポートが使用中 次のエラーを受信します。デーモンのポートが別のプロセスによって使用されています。 /etc/opt/teradata/datamoverに移動します。daemon.propertiesを編集し、arcserver.portの値を利用可能なポート番号に変更します。
テーブルがターゲット システムにコピーされない テーブルが入力XMLファイルに表示されているのにターゲットTeradata Databaseシステムにコピーされません。 次の処理のいずれかを試行して、原因を特定することができます。
  • statusコマンドを、output_level4にして実行し、障害の原因を確認します。
  • イベントをTeradata Ecosystem Managerに送信するようにデーモンを構成し、ジョブを再実行してTMSMEVENTメタデータ テーブルを確認します。
  • XMLファイルのlog_level要素の値を99に設定し、ジョブを作成してそのジョブを開始します。statusコマンドを、output_level4にして実行し、障害の原因を確認します。
  • list_agentsコマンドを使用して使用可能なすべてのエージェントを一覧表示し、少なくとも1つのエージェントが実行中であることを確認します。
  • /var/opt/teradata/datamover/logsにあるdmDaemon.logファイルを確認します。
  • /var/opt/teradata/datamover/logsにあるdmAgent.logファイルを確認します。
  • Teradata® Data Moverサービスをすべて再起動し、失敗したジョブを再度実行します。 Teradata® Data Mover ActiveMQサービスを再起動するには、ディレクトリを/etc/init.dに変更し、コマンドラインで次のように入力します。
    tdactivemq stop
    tdactivemq start
    デーモン サービスを再起動するには、ディレクトリを/etc/init.dに変更し、コマンドラインで次のように入力します。
    dmdaemon stop
    dmdaemon start
    エージェント サービスを再起動するには、ディレクトリを/etc/init.dに変更し、コマンドラインで次のように入力します。
    dmagent stop
    dmagent start