16.20 - デーモンの追加または有効化 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)
デーモンの動作をData Moverポートレットで監視するには、1つまたは複数のデーモンをData Moverセットアップ ポートレットに追加する必要があります。この操作は、現在稼動中のデーモンに対してのみ実行できます。現在稼働中でないデーモンは、Data Moverセットアップ ポートレットに保存されません。
1つのViewpointサーバーでデーモンを監視することができます。複数のViewpointサーバーでの同一のデーモンのモニタリングはサポートされておらず、認証およびジョブ権限の問題が発生する可能性があります。この制限は、セキュリティの管理がデーモンに対し現在有効かどうかに関係なく適用されます。
  1. Data Moverセットアップポートレットを開きます。
  2. デーモンの横の""をクリックします。
  3. デーモンのニックネームを入力します。
  4. (オプション)監視のためにこのデーモンを有効化するには、デーモンの有効化を選択します。
  5. デーモンIP/DNSの値を入力します。
  6. ブローカー ポートの値を入力します。
  7. 接続テストをクリックします。
    操作が成功すると、""が表示されます。操作が失敗した場合、""が表示されます。設定が正しいことを確認しもう一度行ってください。
  8. (オプション) QueryGrid 2.xのユーザー名パスワードを入力して、QueryGridマネージャREST APIを有効にします。
    このステップは、QueryGrid 2.xを使用してジョブを作成、監視する場合に必要です。
  9. (オプション)デーモンに接続する際にクラスタリングを使用できるようにするには、ポートレットで有効を選択し、スタンバイのJMSブローカーのブローカーURL/ポート値を入力します。
    ブローカーのURLとポートは、broker:portという形式で入力する必要があります(brokerがURL、portがポート番号)。例: dm-agent:61616。これらのクラスタリング フィールド値は、デーモンごとに個別に設定する必要があります。
    スタンバイJMSブローカーの使用の詳細については、<Teradata® Data Moverインストール、構成、アップ グレード ガイド、ユーザー用、B035-4102>の「自動フェールオーバーの構成」を参照してください。
  10. (オプション)Teradata Ecosystem Manager ログの記録リストからイベントを送信する方法を選択します。
    オプション 説明
    NONE Teradata Ecosystem ManagerまたはData Moverのイベント テーブルにイベントを送信しません。
    ONLY_REAL_TMSM Teradata Ecosystem Managerにイベントを送信します。
    ONLY_INTERNAL_TMSM Data Moverが管理する内部イベント テーブルにイベントを送信します。
    BOTH Data Moverが管理するTeradata Ecosystem Managerと内部イベント テーブルにイベントを送信します。
  11. (オプション)Teradata Ecosystem Managerロギングを有効にするには、ロギング頻度値を入力し、単位を選択します。
    これは、Data Moverがテーブルのコピー時にログ イベントをTeradata Ecosystem Managerに送信するレートを1秒当たりの量で指定します。
  12. (オプション)データベースのクエリー手法リストからデータ ディクショナリ ビューのタイプを選択します。
    オプション 説明
    DBC基本ビュー パフォーマンスは高くなりますが、セキュリティは低くなります。
    DBC X/VXビュー セキュリティは高くなりますが、パフォーマンスは低くなります。
  13. (オプション)データベースから送信されたデータを暗号化するには、データベースをクライアント暗号化チェック ボックスを選択します。
  14. (オプション)アクティブおよびスタンバイ サーバーのリポジトリ同期を有効にするには、同期サービスを使用チェック ボックスを選択します。
    リポジトリの同期を行なうと、アクティブ サーバーに対するすべての更新がスタンバイ サーバーに適用されるため、アクティブData Moverサーバーが使用できない場合はスタンバイに切り替えて、ジョブの実行を継続することができます。同期サービスを使用するには、アクティブ サーバーとスタンバイ サーバーに同期サービスを構成して、起動する必要があります。
  15. (オプション)DDLの比較リストから、ソース テーブルおよびソース ビューのDDLを、既存のターゲット テーブルおよびターゲット ビューのDDLと比較するかどうかについて選択します。
    ビューの比較は、copyData属性がtrueと指定されている場合にのみ行なわれます。このリストから選択するオプションは、ジョブを作成する際にジョブ レベルの設定DDLの比較フィールドのデフォルトとして反映されます。
    オプション 説明
    Unspecified デフォルト。
    True ソース テーブルおよびソース ビューのDDLをそれらの対応するターゲット テーブルおよびターゲット ビューのDDLと比較します。
    False ソース テーブルおよびソース ビューのDDLをそれらの対応するターゲット テーブルおよびターゲット ビューのDDLと比較しません。
  16. (オプション)使用するオンライン アーカイブのデフォルト値を設定するには、オンライン アーカイブチェック ボックスを選択します。
  17. (オプション)ジョブを上書きするようにデフォルト値を設定するには、既存オブジェクトを上書きチェック ボックスを選択します。
  18. (オプション)オブジェクトをコピーするときにフォールバックを無効にするには、フォールバックを無効にするチェック ボックスを選択します。
  19. 適用をクリックします。