16.20 - イベントを記録するためのデフォルトのイベント テーブルの設定 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)
イベント テーブルへのデフォルトのロギングを有効にする手順
  1. tmsm.mode構成プロパティをONLY_INTERNAL_TMSMまたはBOTHにセットします。
  2. イベント テーブルのevent_table_nameevent.table.default構成プロパティをセットします。
    ユーザーがジョブ定義でlog_to_event_tableに対する値を指定していない、すべてのData Moverジョブについてのイベントをイベント テーブルに記録します。
    configuration.xmlで次のように、複数のデフォルト イベント テーブルを指定することもできます。
    <property>
    	<key>event.table.default</key>
    	<value>event1</value>
    	<value>event2</value>
     <description>Purpose: When this property is set and tmsm.mode is BOTH or ONLY_INTERNAL_TMSM, TMSM messages will be saved to this event table, unless the messages come from a different event table or the Job Definition explicitly overrides this parameter. Default: NULL.</description>
    </property>