16.20 - イベント テーブルのロギングの構成 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)
Teradata Ecosystem Managerイベントは、Data Moverが管理する内部イベント テーブルに記録することができます。Data Moverセットアップ ポートレットを使用して、イベント テーブルの設定と削除を行なうことができます。
  1. デーモン列で、更新するデーモンの名前をクリックします。
  2. デーモン セットアップ列で、イベント テーブル ロギングをクリックします。
  3. (オプション)イベント テーブルがない場合、イベント テーブルの追加をクリックするか、編集の隣の""をクリックして追加のイベント テーブルを追加します。
    1. システムに接続ダイアログ ボックスで、ログオン情報を入力します。
    2. 次へをクリックします。
      データベースの選択ダイアログボックスが表示されます。
    3. データベースの選択の横にある""をクリックします。
      フィルタリングを使用すると、入力した文字に一致する項目のみを表示することができます。
    4. OKをクリックします。
      新規作成したイベント テーブル システムおよびデータベースが表示されます。
  4. (オプション) デフォルトとしてイベント テーブルを指定するには、デフォルト チェック ボックスを選択します。
    イベントのログ記録用にイベント テーブルを指定しないと、デフォルトのイベント テーブルがジョブに使用されます。
  5. (オプション) ユーザー名、パスワード、または認証メカニズムを編集するには、編集をクリックします。
  6. (オプション) 別のイベント テーブルを追加するには、""をクリックします。
  7. (オプション) イベント テーブルを削除するには、""をクリックします。
  8. 適用をクリックします。
    操作が成功すると、""が表示されます。操作が失敗した場合、""が表示されます。設定が正しいことを確認しもう一度行なってください。

    操作が正常に完了すると、データベースにイベント テーブルが存在しない場合はイベント テーブルが作成されます。