アクティブとしての同期サービスの実行 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Language
日本語
Last Update
2021-12-02
dita:mapPath
ja-JP/wph1512683331242.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/mpm1591127278842.ditaval
dita:id
B035-4101
Product Category
Analytical Ecosystem
  1. /etc/init.d/dmdaemon stopを実行して、アクティブ サーバーで実行中のデーモン サービスを停止します。
  2. アクティブ サーバーに次のファイルがインストールされていることを確認します。ここで、nn.nnはData Moverのメジャーおよびマイナーのバージョン番号です。
    • /etc/opt/teradata/datamover/sync.properties
    • /opt/teradata/datamover/sync/nn.nn/dmsync
    • /opt/teradata/datamover/sync/nn.nn/DMReplication.jar
  3. sync.propertiesで次のプロパティの値を編集します。
    プロパティ 説明
    master.port アクティブ同期サービスがスタンバイ同期サービスからの接続を待機するポート。
    sql.log.directory 同期サービスがログおよびSQLトランザクション ファイルを書き込む場所。
    sync.isMaster trueに設定されている場合は、アクティブ サービスとして同期を実行します。指定しない場合のデフォルトはfalseです。
    jobstore.host (オプション)アクティブ サーバーのホスト名。指定しない場合は、Data Moverのデフォルトのホスト名が使用されます。同期サービスがData Moverサーバーで実行していない場合に必要です。
    jobstore.name (オプション)アクティブ リポジトリのユーザー名。指定しない場合は、Data Moverリポジトリのデフォルトのユーザー名が使用されます。
    jobstore.password (オプション)アクティブ リポジトリのユーザー パスワード。Data Moverリポジトリのデフォルトのパスワードを使用せず、Data Moverサーバーで同期サービスを実行していない場合に必要です。
    master.host アクティブ同期サービスを実行しているサーバーのホスト名。
  4. /opt/teradata/datamover/sync/nn.nn/dmsync startを実行して、アクティブ サーバーで同期サービスを開始します。ここで、nn.nnはData Moverのメジャーおよびマイナーのバージョン番号です。
    スタンバイ サーバーの構成が完了して、スタンバイ同期サービスが開始するまでは、アクティブ サーバー上でデーモン サービスを再起動しないようにします。