16.20 - マクロのコピーについて - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)
マクロは、単一のリクエストで実行できる1つ以上のSQL文で構成されます。マクロが実行されるごとに、1つ以上のデータ行が返されます。例えば、次のSQL文を使用してマクロを作成することができます。
CREATE MACRO Empinfo
AS (
	SELECT EmplId (TITLE 'Id')
	,LastName	 (TITLE 'Name')
	,City	 (TITLE 'City')
	FROM employee
	ORDER BY 2;
	);
作成後は、マクロに対してshow macroクエリーを実行すれば、マクロの定義を取得できます。
SHOW MACRO Empinfo;

Data Moverを使用したマクロのコピー

Data Moverは次の方法でマクロをコピーします。

  • show macro dbname.macroname SQL文を実行してマクロ作成DDLを取得します。
  • Data Moverは、作成マクロDDLの構文解析は行いません。まったく同じDDLがターゲット システムで実行されます。Data Moverは、マクロ オブジェクトの再配置や名前変更を行いません。
  • マクロの基礎となるテーブルがターゲット システムに既に存在しているか、ジョブによってコピーされる必要があります。
  • マクロ定義内のマクロ名が完全修飾名でない場合、マクロはソース マクロ データベースと同じ名前のデータベース内に作成されます。
  • マクロ定義内のテーブル名が完全修飾名でない場合、テーブルは、エラーが発生しないようにソース マクロ データベースと同じ名前のデータベース内に存在している必要があります。
  • コピーするオブジェクトがターゲット データベースに存在しない場合は、ターゲット データベース上に作成されます。オブジェクトがターゲット データベースに存在する場合は、overwrite_existing_objectsプロパティがfalseに設定されていないとオブジェクトは上書きされます。 その場合、作成タイムエラーが生成されます。
  • マクロが完全データベース コピーでコピーされる場合は、ARCまたはDSAを使用してデータベースと一緒にコピーされます。個別にはコピーされません。