16.20 - トリガーのコピー - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)

ARCおよびDSAでは、データベース全体をコピーするときにソースからトリガーが自動的にコピーされませんが、ターゲット内の関連テーブルに対してトリガーを指定できます。

次の場合は、トリガーをコピーするときにエラーが発生します。
  • トリガーに関連するソース テーブルをコピー対象から除外する
  • トリガーに関連するテーブルをターゲット上で名前を変更する、または再配置する
  • AFTER要素の値としてaction_timeを設定しない
  1. ジョブのジョブ定義情報を持つparameters.xmlファイルを開きます。
  2. triggersセクションを作成します。
  3. selection="included"属性をセクション内のtrigger要素に追加します。
  4. databasesubject_table_databaseの要素の名前を指定します。
  5. table要素のテーブル名を指定します。
  6. name要素のトリガー名を指定します。
  7. action_time enabled="YES"タグを使用してトリガーの発生するタイミングを指示します。
次の例では、トリガーDBName.RaiseTrigがターゲットにコピーされます。
<database selection="included">
	<name>DBName</name>
</database>
		<triggers>
			<trigger selection="included">
				<database>DBName</database>
				<subject_table_database>DBName</subject_table_database>
				<table>PPIOrders</table>
				<name>RaiseTrig</name>
				<action_time enabled="YES">AFTER</action_time>
			</trigger>
		</triggers>