16.20 - 静的ジョブへの変換 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)
保存されたジョブを静的ジョブへ変換できます。
重要: Teradata ARCスクリプトを動的から静的に変換しない限り、このオプションを使用しないでください。 Teradata ARCスクリプトを静的に変更する場合、ジョブの各実行時に、Data Moverは保存されたTeradata ARCスクリプトを使用してジョブでデータをコピーします。 Data Moverは実行時にデータをコピーする動的な最適化プランを生成しなくなるため、Teradata ARCスクリプトを静的に変更する場合は十分注意を払ってください。
  1. ジョブの横にある ""をクリックします。
  2. プレビューをクリックします。
  3. ステップの表示をクリックします。
  4. 変換するTeradata ARCタスクを含むステップの横にある詳細の表示をクリックします。
    ジョブ ステップの詳細ビューが表示されます。ジョブとデータベースの名前がビューの上部に表示されます。
  5. 静的へ変換をクリックします。
    静的ジョブに変換するかどうかを確認するメッセージが表示されます。
  6. 編集をクリックして、アーカイブ スクリプトを編集します。
  7. 保存をクリックします。
  8. 次のいずれかを実行します。
    • ""をクリックすると、ジョブのプレビュー ビューに戻ります。
    • 保存したジョブの表示をクリックすると、保存されたジョブ ビューに戻ります。