16.20 - 復元された古いアクティブ デーモンへのフェール バック - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)
フェールオーバーが発生した後に、Data Moverが再起動された場合、古いアクティブ デーモンに自動的にフェール バックすることはありません。フェールオーバーが発生した後に、復元された古いアクティブ デーモンにフェール バックするには、次の手順を実行します。
  1. 古いアクティブ デーモン サーバーにログオンし、dmcluster setmasterを実行します。
    この操作を行なうと、このデーモンに関連付けられている同期サービスはアクティブ モードで開始し、古いデーモン サーバー上の同期サービスはスタンバイ モードで開始します。古いアクティブ デーモン上でスタンバイ モードで開始された同期サービスは、古いアクティブがダウンしている間に新しいアクティブ リポジトリで発生したすべての更新を受信し、新しいアクティブと同じ状態にします。
  2. 古いアクティブが新しいアクティブと同じ状態になるまで数分間待ちます。その後、スタンバイ(古いアクティブ)のdmSync.logをチェックして、いつ古いアクティブが新しいアクティブと同じ状態になったかを確認します。
  3. 古いアクティブ リポジトリが新しいアクティブ リポジトリと同期されている場合、古いアクティブでdmcluster setmasterコマンドを実行することで古いアクティブを新しいアクティブとして設定します。
  4. dmcluster statusコマンドを実行し、古いアクティブが正常に復元されていることを確認します。
    dmdaemon serviceスクリプト(/etc/init.d/dmdaemon start)を使用して復元された古いアクティブでデーモンを開始しようとすると、モニタリング サービスはデーモンが古いアクティブで誤って開始されたと見なし、シャット ダウンします。