16.20 - 権限の追加 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)
ユーザーとロールがデーモンに対してフル アクセス権限(読み取り、書き込み、および実行)を持つように選択できます。また、緻密な制御が可能なようにセキュリティ管理も有効にし、デーモン レベルとジョブ レベルの両方で具体的な権限を指定することもできます。
セキュリティ管理が有効になっていない場合は、次の注意点が適用されます。
  • Data Moverポートレットで選択されているViewpointユーザーは、すべてのジョブを表示したり、実行したりできます。
  • 個々のユーザーまたはロールに個別の権限を限定して与えることはできません(例えば、読み取り権限と実行権限を与えるが書き込み権限は与えないということ)。次に説明しているように各ユーザーやロールが選択されている場合には、すべての権限(読み取り、書き込み、および実行)が与えられ、次のように選択されていない場合には、権限がまったく与えられません。

セキュリティ管理を有効にし、権限をデーモン レベルで設定する場合は、ユーザーIDを入力することなくユーザーとロールがコマンドを実行できるように指定することもできます。

  1. デーモン列で、構成するデーモンの名前をクリックします。
  2. デーモン セットアップ列で、権限をクリックします。
  3. (オプション) セキュリティ管理チェック ボックスを選択します。
    デフォルトでは、デーモン レベルが選択されています。権限をジョブ レベルで適用するにはジョブ権限オプションを選択します。
  4. (オプション)権限をデーモン レベルで設定し、ユーザーIDを入力せずにコマンドを実行できるようにするには、ユーザーIDなしでコマンドの使用を許可チェック ボックスを選択します。
  5. (オプション) 使用可能なユーザーのリストをフィルタするには、使用可能なユーザー フィルタを使用します。
    デフォルトでは、リストはTeradata Viewpointユーザーの完全なリストを表示します。
  6. (オプション)ユーザーの権限を指定するには、使用可能なユーザー リストからユーザー名を選択し、""をクリックして、それらを選択されたユーザー リストに移動します。
    デフォルトでは、選択したユーザーには読み取りアクセスがあります。これは、ユーザー名の近くに表示される文字「R」で示されます。
  7. (オプション)ユーザーに書き込み権限と実行権限を付与するには、そのユーザーをクリックした後、書き込みをクリックして書き込み権限を付与し、実行をクリックして実行権限を付与します。
    文字「W」は、書き込み権限が付与されれていることを示し、「X」は実行権限が付与されていることを示します。
  8. (オプション) ロールの権限を指定するには、使用可能なロール リストからロールを選択し、"" をクリックしてそれを選択されたロールリストに移動します。
    デフォルトでは、選択したロールには読み取りアクセスがあります。このことは、ロール名の近くに表示される文字「R」で示されます。
  9. (オプション)ロールに書き込み権限と実行権限を付与するには、そのロールをクリックした後、書き込みをクリックして書き込み権限を付与し、実行をクリックして実行権限を付与します。
    文字「W」は、書き込み権限が付与されれていることを示し、「X」は実行権限が付与されていることを示します。
  10. 適用をクリックします。
  11. (オプション)機能をさらに設定するには、詳細をクリックし、ユーザーまたはロールと、アクセスを許可する機能を選択します。
    1. ユーザーまたはロールがジョブ プランを更新できるようにするには、ジョブ プランを更新チェック ボックスを選択します。
    2. ユーザーまたはロールでジョブ優先順位を変更できるようにするには、ジョブの優先順位の変更チェック ボックスを選択します。
    3. 許可する最大のストリーム数を設定するには、ストリームの最大数フィールドにその数を入力します。
    4. ジョブの作成でそのユーザーまたはロールが使用できるユーティリティを指定するには、使用可能なユーティリティにあるチェック ボックスを選択します。
  12. 適用をクリックします。