16.20 - ジョブの編集 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)

保存されたジョブ ビューに表示される保存されたジョブを編集して、ジョブ定義、信頼証明、その他のジョブ設定を変更することができます。

各ジョブ定義は、ジョブ名に関連付けられています。特定のジョブ定義を使用してジョブを実行するたびに、ジョブのインスタンスがその名前を使って作成されます。ジョブを複数回実行すると、そのジョブ定義に基づいて、ジョブの複数のインスタンスが作成されます。ジョブを編集すると、基礎となるジョブ定義と、そのジョブ定義に基づくジョブの全インスタンスが編集されます。

  1. ジョブの横にある ""をクリックします。
  2. 編集をクリックします。
    ジョブ所有者(ジョブを作成した、または最後にジョブを編集したユーザー)の場合、保存されたジョブ ビューのオブジェクト タブが表示されます。ジョブ所有者でない場合、ソース システムとターゲット システムに対し信頼証明を入力する必要があります。
    ソースまたはターゲットIDのユーザー名にスペースがあると、ジョブに失敗します。
    ソースまたはターゲットIDのアカウント名にスペースがあると、ジョブに失敗します。
  3. (オプション)ジョブに新しい名前を指定します。
    名前を指定するときは、次の点に注意してください。
    • ジョブ名を変更しないと、保存をクリックしたときに、ジョブに行なった編集によって既存のジョブ定義が上書きされます。
    • ジョブに異なる固有の名前を指定すると、保存をクリックしたときに、ジョブに行なった編集が新しいジョブ定義として使用されます。このため、ジョブ名の変更は、新しいジョブの作成に等しくなります。
    • ジョブに既存のジョブ名を指定して保存をクリックすると、エラーが発生します。
  4. オブジェクトおよびジョブの設定タブの情報を必要に応じて変更します。
  5. 保存をクリックします。
    元のジョブのデータベース オブジェクトが存在していない場合、メッセージが表示されます。OKをクリックし、保存を再度クリックします。