16.20 - ステージング データベースの構成 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)
デフォルトのステージング データベースを構成および管理することができます。テーブル用、および一時データ(マクロ、エラー テーブル、ログ テーブル、作業テーブル)用に個別のステージング データベースを構成することができます。
  1. デーモン列で、構成するデーモンの名前をクリックします。
  2. デーモン セットアップ列で、ステージング データベースをクリックします。
  3. テーブルのソース ステージング データベースステージング データベースの追加をクリックします。
    システムに接続ダイアログボックスが表示されます。
  4. システムに接続ダイアログ ボックスで、ログオン情報を入力します。
  5. 次へをクリックします。
    データベースの選択ダイアログボックスが表示されます。
  6. データベースの選択の横の""をクリックします。
    フィルタリングを使用すると、入力した文字に一致する項目のみを表示することができます。
  7. OKをクリックします。
    システムおよびステージング データベースが表示されます。
  8. (オプション) ""をクリックして、別のステージング データベースを追加します。
  9. (オプション) ""をクリックして、ステージング データベースを削除します。
  10. テーブルのターゲット ステージング データベース一時データのターゲット ステージング データベースステージング データベースの追加をクリックし、ステージング データベースごとにステップ4~9を繰り返します。
  11. 適用をクリックします。
    操作が成功すると、""が表示されます。操作が失敗した場合、""が表示されます。設定が正しいことを確認しもう一度行ってください。