16.20 - ビュー定義およびビュー データのコピーについて - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)

この機能を使用すると、ビュー定義および基礎となるビュー データをソース システムからターゲット システムにコピーすることができます。

ビュー データをコピーするときにフル ビュー コピーを行なう場合は、TPTAPI_UPDATE、TPTAPI_STREAM、T2T、およびJDBCを使用できます。ソース ステージング テーブルが指定されているときに部分コピーを行なう場合は、ARCおよびDSAを使用できます。ARCまたはDSAを使用したフル ビュー コピーは、ソース ステージング テーブルが指定されていて、ソース ビューにAVRO/CSVストレージ形式の列が含まれている場合のみ許可されます。Data Moverが作成するターゲット テーブルまたはステージング テーブルは、TPTAPI_LOADがサポートしていないマルチセット テーブルであるため、TPTAPI_LOADを使用してビュー データをコピーすることはできません。ビューに関連付けられたデータをHadoopシステムにコピーする場合は、T2Hを使用します。

基礎となるビューからデータをコピーする場合の制限

基礎となるビューからデータをコピーする時には、次の制限が適用されます。
  • 基になるデータをビューから移動する場合、ロード ユーティリティとしてTPTAPI_LOADを使用することはできません。
  • 基になるデータをビューから移動する場合に、ソース ステージング テーブルが使用されないときには、ロード ユーティリティとしてARCまたはDSAを使用しないでください。

行数の確認

基礎となるビューからデータをコピーした後、ソース ビューおよびターゲット テーブルの行数を確認することができます。行数の確認を行なうには、ビューのvalidate_row_count要素を指定しなければなりません。
<views>
 <view selection="included" copyData="true">
 	<name>deptsals</name>
		<database>MyDb</database>
		<view_data_table>
			<target_table>TargetTable</target_table>
			<target_database>TargetDb</target_database>
		</view_data_table>

		<staging_database>
			<name>TargetDb_Staging</name>
		</staging_database>

 	<validate_row_count>ALL</validate_row_count>
 </view>
</views>

ビュー データをターゲット ビューにコピーする場合は、validate_row_count要素がソース ビューとターゲット ビューの行数を確認します。

validate_row_countの有効な値は、ALLPARTIAL、またはNONEです。 行数確認の結果はステータスの出力で確認できます。 行数確認は、ビューからデータをコピーする場合のみ行なわれます (copyData="true")。 ビュー定義のみをコピーする場合 (copyData="false")、ビューに対してvalidate_row_count要素が指定されていても行数確認は行なわれません。

ビュー定義はTeradataとHadoopシステム間ではコピーできませんが、ビューに関連付けられたデータはTeradataからHadoopにコピーできます。ビュー データをHadoopにコピーするときの部分的な行数の確認の選択はサポートされていません。