16.20 - データベース レベルとテーブル レベルでのソース ステージングの指定 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)

ARCを使用して、PPI以外のテーブルまたはビューを部分的に移動するソース ステージング データベースを指定することができます。そうすると、PPI以外のテーブルまたはビューをソース ステージング テーブルに移動してから、ソース ステージング テーブルからターゲット システムに移動できます。指定したソース ステージング テーブルを使用するには、作成XMLファイル内にオブジェクトレベルでuse_source_staging_tabletrueに設定します。

DSAを使用して、テーブルまたはビュー データを部分的に移動するソース ステージング データベースを指定することができます。

ステージング データベース名 ステージング データベース名の結果
テーブル レベルまたはデータベース レベルで指定されていない ソース テーブルのソース データベース内に作成されます。
データベース レベルで指定されている テーブル レベルで上書きされていない限り、ソース システム上の指定したステージング データベースに作成されます。
テーブル レベルで指定されている 別のステージング データベース名が指定されていても、ソース システム上の指定したステージング データベースに作成されます。