16.20 - デーモン レベルの実行を選択する場合 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)
デーモン レベルの実行では、幅広い権限制御が可能です。Data Moverのユーザーには通常の読み取り、書き込み、および実行の権限が付与されます。デーモン レベルの実行を使用すると、デーモン レベルの読み取り権限を持つユーザーは、そのユーザーが作成していないジョブを含め、存在するすべてのData Moverジョブを表示することができます。これにより権限管理が非常に簡単になりますが、ユーザーが実行可能な操作を厳しく制御することはできません。デーモン レベルの実行は、次の場合に推奨されます。
  • 小数のパワー ユーザーのみがData Moverを使用し、すべてのユーザーが広範な制御により信頼されている場合
  • 特定の作業を分離する必要がなく、すべてのユーザーがすべてのData Mover作業に何らかのレベルでアクセスできる場合
  • 特定のジョブの所有権が不要な場合。 すべてのジョブがユーザーが何らかのレベルでアクセスできる1つの一般的なプールにあります。