17.10 - サポートされているソフトウェアとハードウェア - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - Advanced SQL Engine リリース定義

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
リリース ノート
Publication ID
B035-1725-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
サポートします。 説明
オペレーティング システム
  • SLES 12 SP3
  • SLES 11 SP3: オンプレミス プラットフォームのみ

https://support.teradata.comで入手可能なナレッジ記事KB0042117を参照してください。検索する前にログインする必要があります。

ソフトウェアおよびハードウェア プラットフォーム https://support.teradata.comで入手可能なナレッジ記事KB0027406を参照してください。検索する前にログインする必要があります。
クラウド プラットフォーム
  • パブリック クラウド: AWS、Azure、Google Cloud
  • プライベート クラウド: VMwareのSQL Engine
外部オブジェクト ストア
  • Amazon S3、Microsoft Blob、およびGoogle Cloudストレージ
Teradata Vantage™ Teradata Vantage には、分析関数とエンジン、推奨されるツールと言語、および複数のデータ型のサポートが含まれています:
  • SQL、機械学習、グラフ エンジンなどの分析エンジン
  • SQL、R、Pythonなどの言語
  • Teradata Studio™Teradata®AppCenter、Jupyter、RStudioなどのワークベンチとツール
  • リレーショナル、空間、テンポラル、XML、JSON、Avro、および時系列形式を含むデータ サポート
コンパイラ PE vprocで構成された少なくとも1つのデータベース ノードにC++コンパイラをインストールする必要があります。C++コンパイラは、オペレーティング システムの一部として各Vantageリリースに含まれています。
空きディスク容量 このリリースにアップグレードするために各SQL Engineノードで必要となる空きディスク領域については、サポート担当者に問い合わせるか、https://support.teradata.comを参照してください。検索する前にログインする必要があります。
トレース ファイル用の追加のディスク容量 ログ先行書き込み(WAL)機能には、ファイル システム トレース ファイル用にAMPあたり5 MBのディスク領域が必要です。例えば、ノードごとに10個のAMPがある場合、トレース ファイルには、/var/opt/teradata/tdtempにある追加のディスク領域のノードごとに50MBが必要になります。
サポートされている外部ディスク アレイ https://support.teradata.comで入手可能なプラットフォームの<製品およびサイト準備ガイド>を参照してください。検索する前にログインする必要があります。
バックアップ、アーカイブ、および復元(BAR) https://support.teradata.comで入手可能なDSAエコシステム互換性マトリックスKCS000003を参照してください。検索する前にログインする必要があります。
Teradata Tools and Utilities (TTU) リリース情報については、https://support.teradata.comで入手可能なKB0027406に添付されたドキュメントを参照してください。検索する前にログインする必要があります。
UDF UDFのライブラリはhttps://support.teradata.comで入手できます。検索する前にログインする必要があります。