16.20 - XML型のキャスト - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ XMLデータ型

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1140-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

他のSQL型からXML型にキャストすると、それに最も近いXMLスキーマ プリミティブ型のXML値が作成されます。例えば、VARCHAR/CLOBの場合はxs:string、DATEの場合はxs:dateになります。

XML型からSQL型にキャストを実行する場合は、XMLインスタンスの文字列値がターゲット データ型と互換性のあるものでなければなりません。例えば、xs:date値をSQL DATE型にキャストする場合です。

XML型からのキャストやその逆方向のキャストは、以下のデータ型においてサポートされています。
  • VARCHAR
  • CLOB
  • VARBYTE
  • BLOB
  • BYTEINT
  • SMALLINT
  • INTEGER
  • BIGINT
  • DECIMAL
  • FLOAT
  • NUMBER
  • DATE
  • TIME
  • TIME WITH TIMEZONE
  • TIMESTAMP
  • TIMESTAMP WITH TIMEZONE
  • INTERVAL YEAR
  • INTERVAL YEAR TO MONTH
  • INTERVAL MONTH
  • INTERVAL DAY
  • INTERVAL DAY TO HOUR
  • INTERVAL DAY TO MINUTE
  • INTERVAL DAY TO SECOND
  • INTERVAL HOUR
  • INTERVAL HOUR TO MINUTE
  • INTERVAL HOUR TO SECOND
  • INTERVAL MINUTE
  • INTERVAL MINUTE TO SECOND
  • INTERVAL SECOND
ラージ オブジェクト型(CLOBとBLOB)からXML型にキャストする場合、正常にキャストできるのは64KB以下のサイズの値のみという制限があります。

XML型からVARCHARまたはCLOBへのキャストでは、UNICODE文字セットのみがターゲット データ型でサポートされます。

XML型にキャストする場合、結果のXMLデータ型がLOB型または非LOB型に該当するようにインライン長を指定できます。