Teradata製品によるイメージの展開| Teradata Vantage on Azure (DIY) - 2.3 - Teradata製品によるイメージの展開 - Teradata Vantage on Azure

Teradata Vantage™ on Azure (DIY) インストールと管理ガイド

Product
Teradata Vantage on Azure
Release Number
2.3
Published
2022年4月
Language
日本語
Last Update
2022-04-26
dita:mapPath
ja-JP/jsn1635415435502.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/fui1635951983017.ditaval

Azureで他のTeradata製品と一緒にVantageを展開する場合は、多くの構成タスクを自動化するAzureソリューション テンプレートからソフトウェア エコシステムを展開することをお勧めします。または、一部のTeradata製品を個別に展開することもできます。イメージからソフトウェアを展開することは、VMオファーの展開と呼ばれます。

VMオファーを展開する前に、エコシステムソリューション テンプレートを使用してVantageを展開できます。これにより、新しいVNetに新しいVMサブネットとBYNETサブネットが作成されます。 VMオファーとして展開された製品でVantageを使用する場合は、新しいサブネットを作成する代わりに、データベースの展開時に作成されたVNetおよびVMサブネットを選択します。 VNetピアリングを使用している場合は、新しい仮想ネットワークと新しいサブネットを作成できます。