リソース グループ | Teradata Vantage on Azure (DIY) - 2.3 - リソース グループ - Teradata Vantage on Azure

Teradata Vantage™ on Azure (DIY) インストールと管理ガイド

Product
Teradata Vantage on Azure
Release Number
2.3
Published
2022年4月
Language
日本語
Last Update
2022-04-26
dita:mapPath
ja-JP/jsn1635415435502.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/fui1635951983017.ditaval

アプリケーションのインフラストラクチャは、VM、ストレージアカウント、仮想ネットワーク、サードパーティサービスなどの多くのコンポーネントで構成されています。 Azure リソース マネージャを使用して、これらのリソースをグループとして展開、管理、および監視できます。 リソース グループは、これらの関連リソースを保持するコンテナーです。 1つのアクションですべてのリソースを展開または削除できます。 リソース マネージャは、すべてのリソースの管理を支援するために、課金目的でセキュリティ、監査、およびタグ付けを提供します。

リソース マネージャを使用すると、組織内の誰がリソースに対してアクションを実行できるかを制御することもできます。ロールを定義し、ユーザーまたはグループをロールに追加することで、権限を管理します。重要なリソースの場合、ユーザーがリソースを削除または変更できないようにする明示的なロックを適用できます。 リソース マネージャはすべてのユーザーアクションをログに記録するため、会社のクラウド管理者はそれらのアクションを監査できます。

ソリューション テンプレートを使用してVantage on Azure (DIY)を展開する場合は、新しいリソース グループを作成するか、空の既存のリソース グループを選択します。 Azureは、仮想ネットワークリソースを監視するためのツールを提供する2番目のリソース グループNetworkWatcherRGも作成します。 Teradata製品を個別に展開する場合、新しいリソース グループを作成するか、空の既存のリソース グループを使用できます。会社のクラウド管理者は、新しいリソース グループを作成するための権限を設定します。リソース グループが削除されると、VMと、ストレージを含むすべての関連コンポーネントが削除されます。

Azureドキュメント センターを参照してください。