DSC VMの初期化 | Teradata Vantage on Azure (DIY) - 2.3 - DSC VMの初期化 - Teradata Vantage on Azure

Teradata Vantage™ on Azure (DIY) インストールと管理ガイド

Product
Teradata Vantage on Azure
Release Number
2.3
Published
2022年4月
Language
日本語
Last Update
2022-04-26
dita:mapPath
ja-JP/jsn1635415435502.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/fui1635951983017.ditaval
DSC VMを展開した後、VMにログインしてDSCを初期化する必要があります。
  1. Azureポータルから、 Viewpointの次の点に注意してください。
    • プライベートIPアドレス。
    • 該当する場合は、パブリックIPまたはパブリックDNSのいずれか。
  2. VMの展開時に選択した認証タイプを使用してVMにログオンします。
  3. rootユーザー環境に切り替えます。
    # sudo su -
  4. 対話型または非対話型のいずれかで、VMでDSCを初期化します。
    次のいずれかのオプションで、DSCリポジトリのパスワードをAzure VM IDに変更します。
    オプション 説明
    対話形式
    1. 引数なしでdsu-initを実行する。
      # /opt/teradata/client/DSCversion/dsa/commandline/dsu-init
    2. プロンプトで、DSCで使用するViewpoint VMのプライベートDNSを入力します。これにより、DSCがメタデータを格納するために使用する内部Vantageリポジトリの情報が提供されます。
    非対話型
    1. 任意の引数を使用してdsu-initを実行します。
      # /opt/teradata/client/DSCversion/dsa/commandline/dsu-init -v vp private-DNS
      ここで、vp private-DNSはDSCで使用されるViewpointのプライベートDNSです。

      自動スクリプトは、それ以上の入力なしでVM上のDSCを初期化します。

  5. DBCおよびDSUADMINパスワードを取得します。
    これらのパスワードのデフォルト設定はこのvmIDの英数字のみです。
    1. vmuid.pyを実行する。
      # python /opt/teradata/client/DSCversion/dsa/commandline/vmuid.py
    2. スクリプトの実行によって生じたダッシュを削除します。
DSCを使用する準備が整いました。スクリプトはリポジトリターゲットグループを設定します。リポジトリのバックアップは、ローカル マシンの/var/opt/teradata/dsc/pathRepoに保存されます。運用ジョブを実行するためのプレミアムストレージのシステム、ストレージバックアップアプリケーション、およびターゲットグループを構成する方法については、Teradata® DSAユーザー ガイドを参照してください。