Azure診断ログ| Teradata Vantage on Azure (DIY) - 2.3 - Azure診断ログ - Teradata Vantage on Azure

Teradata Vantage™ on Azure (DIY) インストールと管理ガイド

Product
Teradata Vantage on Azure
Release Number
2.3
Published
2022年4月
Language
日本語
Last Update
2022-04-26
dita:mapPath
ja-JP/jsn1635415435502.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/fui1635951983017.ditaval

Azure診断ログは、リソースの操作に関する情報を提供します。これらのログの内容は、リソースの種類によって異なります。Azureドキュメント センターを参照してください。ゲストOS診断は、 Teradataでは使用できません。

イメージからVMを展開する場合、ブート診断ログを有効にして、VMを診断し、ブート障害から回復するのに役立てることができます。ソリューション テンプレートを使用してTeradata製品を展開すると、ブート診断ログが自動的に有効になります。

診断ログを有効にする場合は、診断ファイルを配置するストレージ アカウントを選択します。ログの有効化に関連するコストがあります。これは、単にログをストレージ アカウントに保存するためのコストです。出力がストレージ アカウントに表示されるまでに最大10分かかる場合があります。

ライセンス情報はdiagという名前のAzure診断ストレージ アカウントに記録されるため、診断ログが削除されないように、この診断ストレージ アカウントでロックレベルを作成、設定、およびCanNotDeleteに維持することが重要です。 CanNotDeleteロックレベルは、ユーザーがリソースを読み取って変更できるが、リソースを削除できないことを意味します。自分の役割が所有者またはユーザーアクセス管理者でない場合は、会社のクラウド管理者にロックの作成を依頼してください。