テンプレートからのServer Managementの展開| Teradata Vantage on Azure (DIY) - 2.3 - ソリューション テンプレートからのServer Managementの展開 - Teradata Vantage on Azure

Teradata Vantage™ on Azure (DIY) インストールと管理ガイド

Product
Teradata Vantage on Azure
Release Number
2.3
Published
2022年4月
Language
日本語
Last Update
2022-04-26
dita:mapPath
ja-JP/jsn1635415435502.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/fui1635951983017.ditaval
前提条件
  • Azureサブスクリプションで十分なアクセス許可を持つアカウントを使用してAzureポータルにログインし、サブスクリプション レベルでコントリビューターの役割を割り当てる必要があります。Azureドキュメント センターを参照してください。
  • Azureのサービス制限を増やす必要がある場合があります。Azureサービスの制限を参照してください。
ソリューション テンプレートからServer Managementを展開すると、新しいAzureリソース グループが作成され、Server ManagementVMがVantageVMおよびソフトウェア アプリケーションVMと同じVNet内の既存のサブネットに接続されます。

展開プロセス中に、このテンプレートはTeradata用に1つのNSGを作成しServer Management。この手順を完了すると、NSGへのすべてのポートが自動的に開きます。

  1. Azure Marketplaceにログインして、Teradata Server Managementを検索します。
  2. Teradata Server Managementを選択し、今すぐ入手 > 続けるをクリックします。
  3. リストで、作成をクリックします。
  4. 基本ブレードをクリックして、基本設定を構成します。
    パラメータ名 アクション
    ユーザー名 ログインに使用したオペレーティングシステムの管理者名を入力します。
    認証タイプ 認証方式を選択します。
    セキュリティ上の理由から、SSH公開鍵をお勧めします。
    パスワード
    小文字1文字、大文字1文字、数字1文字、特殊文字1文字を使用して、12文字以上のパスワードを入力してください。 確認のため、パスワードをもう一度入力します。
    SSH公開鍵
    PuTTYやSecureCRTなどのツールで生成できるOpenSSH公開鍵をコピーして貼り付けます。
    サブスクリプション Azureサブスクリプションを選択します。
    リソース グループ 次のいずれかを選択します。
    • 新規作成そしてリソース グループの名前を入力します。
    • 既存の使用そして空の既存のリソース グループを選択します。
    場所 ソリューションを展開するリージョンと、すべてのリソースが作成されるリージョンを選択します。
  5. OKをクリックします。
  6. Server Managementブレードをクリックして設定を構成します。
    パラメータ名 アクション
    サイトID [Enterprise、Advanced、Base層のみ] Teradataカスタマーサポート用のこのTeradataの展開を識別する文字列(AZRTDBの後に最大9つの数字)。サイトIDをお持ちでない場合は、サイトIDなしで続行し、後で追加できます。
    Server Managementの管理者パスワード 文字で始まる12〜15文字を使用して、Server Management管理者パスワードを入力します。文字と数字のみで構成できます。
    管理者パスワードを確認する 確認のため、パスワードをもう一度入力します。
    Server ManagementのRESTパスワード 文字で始まる12〜15文字を使用して、Server ManagementのRESTパスワードを入力します。文字と数字のみで構成できます。
    RESTパスワードを確認する 確認のため、パスワードをもう一度入力します。
    VMサイズ
    1. ""をクリックして、必要なストレージタイプのVMサイズのリストを表示します。
    2. 必要なサイズを強調表示してから、選択するをクリックします。

    ストレージ サイズはノードごとです。

  7. OKをクリックします。
  8. ネットワーク設定ブレードをクリックして、仮想ネットワークを構成します。
    パラメータ名   アクション
    仮想ネットワーク 既存の仮想ネットワーク VantageVMを含む既存の仮想ネットワークを選択します。

    新しいVNetの作成が妨げられることはありませんが、この手順の目的は、VantageVMおよびTeradata Viewpointなどのすべてのソフトウェア アプリケーションVMと同じVNetにVMを展開することです。

    サブネット VMサブネット名 vmsubnetという名前の既存のVMサブネットを選択します。

    Vantageおよびソフトウェア アプリケーションVMは、このプライベート サブネットに接続されます。

    (CIDRブロック)からのリモートSSHアクセスを許可する リモートSSH接続が受け入れられるIPアドレスのCIDRブロックを入力します。
  9. OKをクリックします。
  10. サマリーブレードをクリックし、概要を確認して、OKをクリックします。
  11. 購入ブレードをクリックし、利用規約とプライバシーポリシーを確認して、購入するをクリックします。
    このプロセスは、構成とリージョンのリソースの可用性に応じて5〜15分かかる場合があります。
    VMにSSHで接続しようとすると、VMの作成が失敗する可能性があります。 VMが作成されたことを確認するか、失敗通知を受け取るまで、VMにSSHで接続しようとしないでください。
  12. VMの作成の進行状況を監視するには、 Azureポータルから次の手順を実行します。
    1. ""をクリックして通知を表示し、展開が開始されたかどうかを確認します。
      通知は、展開を開始する前にアラートを設定した場合にのみアラートを送信します。
    2. 左側のパネルで、リソース グループブレードをクリックします。
    3. 名前列で、リソースを選択します。
    4. 設定の下で、展開をクリックします。
    5. いずれかのリソースを選択し、右側のペインを見て、それらが展開されているかどうかを確認します。
      クラスタ内のすべてのVMがプロビジョニングされ、データベースの構成の自動プロセスが完了するまで、展開は完了しません。
      操作の詳細の下で、各リソースの横の最初の列に青いステータスシンボルが表示され、展開プロセスが続行されていることを示します。
    6. 右側のペインの上部にある""をクリックして、ペインを更新します。
      操作の詳細の下で、青色のステータスシンボルが、各リソースの横の最初の列にある緑色のチェックマークに変わり、展開プロセスが終了したことを示します。
    7. 操作の詳細の下で、STATUS列にOKが表示されたら、リソースを選択します。
      PROVISIONING STATEにはSucceededが表示されます。
  13. (オプション)パブリックIPアドレスを使用するには、VMの作成後に次の手順を実行します。
    1. パブリックIPアドレスを作成し、これらのアドレスをVMに割り当てます。
    2. パブリックIPアドレスを使用した接続を受け入れるようにNSGルールを調整します。
      ソリューション テンプレートは、各ソフトウェア製品VMのNSGを定義します。
次のタスクServer Managementの構成の下で該当する手順を完了します。