Vantage VMの停止、割り当て解除、または削除| Teradata Vantage on Azure (DIY) - 2.3 - Vantage VMの停止、割り当て解除、または削除 - Teradata Vantage on Azure

Teradata Vantage™ on Azure (DIY) インストールと管理ガイド

Product
Teradata Vantage on Azure
Release Number
2.3
Published
2022年4月
Language
日本語
Last Update
2022-04-26
dita:mapPath
ja-JP/jsn1635415435502.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/fui1635951983017.ditaval

Vantage VMを停止、割り当て解除、または削除する前に、Vantageを停止する必要があります。 Teradata ViewpointなどのアプリケーションVMを停止、割り当て解除、または削除する場合は、データベースを停止する必要はありません。

デフォルトでは、VMはノード障害後に停止します。ノード障害が発生する前にVMが終了するように、VMの状態を構成できます。

VMを停止します

仮想マシン内から、またはazure vm stopなどのAzure CLIコマンドを使用してVMを停止します。これにより、ゲスト オペレーティング システムは停止しますが、コンピューティング リソースは保持されます。時間単位でVMコンピューティング リソースの料金が引き続き請求されます。

VMの割り当てを解除する

Azureポータルで停止をクリックして、VMの割り当てを解除します。 azure vm deallocateなどのAzureコマンドを使用することもできます。

割り当てを解除すると、VMが停止し、すべてのコンピューティングリソースが解放されるため、これらのリソースの料金は請求されなくなります。ただし、オペレーティングシステムディスクや接続されたデータディスクなど、すべての永続ディスクは残ります。 VMの割り当てを解除すると、一時的/接続時間が短いローカルSSDのデータが失われ、復元できなくなります。将来VMを再起動する予定の場合は、VMの割り当てを解除する前にVantageライセンスを取り消す必要はありません。

VMを削除する

Azureポータルまたはazure vm deleteなどのAzure CLIコマンドを使用して、VMまたはそれに関連するリソース グループを削除します。関連するリソース グループを削除すると、すべての永続ディスク(オペレーティングシステムディスクと接続されているデータディスクを含む)を含むストレージアカウントも削除されます。 VMのみを削除すると、ディスクはストレージに残り、同じリージョンで作成された別のVMに接続できます。