Teradataソフトウェア エコシステムの概要| Teradata Vantage on Azure (DIY) - 2.3 - Teradataソフトウェア エコシステムの概要 - Teradata Vantage on Azure

Teradata Vantage™ on Azure (DIY) インストールと管理ガイド

Product
Teradata Vantage on Azure
Release Number
2.3
Published
2022年4月
Language
日本語
Last Update
2022-04-26
dita:mapPath
ja-JP/jsn1635415435502.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/fui1635951983017.ditaval

Vantage on Azure (DIY)エコシステムを展開するには、ソリューション テンプレートを使用する必要があります。ソリューション テンプレートは、 Teradataエコシステムを展開できます。これは、連携するように自動的に構成された追加のTeradata製品を同時に展開します。適切なソリューション テンプレートは、購入メソッドとソフトウェアパッケージオプションによって異なります。

Vantageライセンス層には、特定の構成のサポートが含まれています。各層は、異なるデータベース機能のセット、システムの同時実行性とノード制限、およびVMサイズを提供します。

Teradataエコシステムを展開した後は、 Teradataに製品を追加したり削除したりすることはできません。 VMに必要な製品が含まれていない場合は、VMを停止して割り当てを解除してから、それらの製品を含む新しいTeradataを展開します。一部のTeradata製品を個別に展開することもできます。展開後、追加の構成が必要になる場合があります。

Teradata Tools and Utilitiesを含む一部のTeradata製品は、Marketplaceの外部から展開されます。Azureへの他のTeradataアプリケーションの展開を参照してください。