Azure China(DIY)での Teradata Vantage の制限 - 2.3 - 制限 - Teradata Vantage on Azure

Teradata Vantage™ on Azure (DIY) インストールと管理ガイド

Product
Teradata Vantage on Azure
Release Number
2.3
Published
2022年4月
Language
日本語
Last Update
2022-04-26
dita:mapPath
ja-JP/jsn1635415435502.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/fui1635951983017.ditaval
  • Teradata Vantageスタックの展開はChinaNorth2およびChinaEast2リージョンでのみサポートされます。これは、VMサイズEsv3およびESv4がこれらのリージョンでのみサポートされているためです。
  • Teradata Vantage中国のマーケットプレイス では利用できません。プロビジョニングと展開のリクエストについては、 Teradataのセールス/アカウントチームにお問い合わせください。
  • プライベートオファーはAzureの 中国のマーケットプレイス ではサポートされていません。
  • 従量課金制(時間単位)モデルは、 Azureの 中国のマーケットプレイス ではサポートされていません。
  • DataLabでのTeradata Viewpointはサポートされていません( Viewpointシングルシステムに変換できるViewpointマルチシステムのみがサポートされています)。
  • Vantage on Azure China (DIY)のお客様は、Teradata IntelliSphereおよび個別コンポーネントの購入はご利用いただけません。

既知の問題点

以下は、 Azure China(DIY)のお客様のVantageの既知の問題です。

コンポーネント名 問題 解決方法
Teradata Data Stream Controller

ViewpointのBARセットアップにDSCサーバーを追加できません

既存のbarportletsバージョン-17.10.00.00

DSCバージョン-17.10.00.01

バーポートレットのバージョンをアップグレードする-17.10.00.01

  1. TSS / TSDからbarportals-17.10.00.01-1.noarch.rpmをダウンロードする
  2. /tmpディレクトリ配下のViewpointノードにあるbarportals-17.10.00.01-1.noarch.rpmファイルをコピー/移動する
  3. 次のコマンドを使用して、barportletsのrpmバージョンを確認する
    1. rpm -qa | grep barportlets
  4. 次のコマンドを使用して、barportletsをインストールする
    1. rpm -Uvh barportlets-17.10.00.01-1.noarch.rpm