ServiceConnectプロキシ サーバーの構成 | Teradata Server Management - 2.3 - プロキシ サーバーの構成 - Teradata Vantage on Azure

Teradata Vantage™ on Azure (DIY) インストールと管理ガイド

Product
Teradata Vantage on Azure
Release Number
2.3
Published
2022年4月
Language
日本語
Last Update
2022-04-26
dita:mapPath
ja-JP/jsn1635415435502.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/fui1635951983017.ditaval
""管理者
これは、CMICでServiceConnectを構成している場合にのみ適用されます。

プロキシ サーバー接続は、顧客サイトがインターネットを介した発信通信を自分の管理下にあるプロキシ サーバー経由でルーティングする必要がある場合に構成できます。

個々のプロキシ サーバーの要件に応じて、これらの手順を実行します。

  1. Web Clientで、"" > 設定 > プロキシサーバーを選択します。
  2. (オプション)Proxy Auto Configurationを使用する場合は、有効を選択し、構成ファイルのURLを入力します。
  3. HTTPプロキシを有効にするには、有効を選択し、次のホスト設定を入力します。
    ホスト設定 説明
    ホスト プロキシ サーバーのホストIPアドレスまたはホスト名
    ポート HTTPプロキシ構成と一致するようにこれを設定する
  4. ホストの妥当性検査が必要な場合は、ホストの妥当性検査を選択します。
  5. 信頼証明認証が必要な場合は、認証信頼証明の使用を選択し、UsernamePasswordを入力します。
  6. SOCKSプロキシを有効にするには、有効を選択し、次の設定を入力します。
    ホスト設定 説明
    ホスト プロキシ サーバーのホストIPアドレスまたはホスト名
    ポート SOCKSプロキシ構成と一致するようにこれを設定する
  7. ホストの妥当性検査が必要な場合は、ホストの妥当性検査を選択します。
  8. 信頼証明認証が必要な場合は、認証信頼証明の使用を選択し、UsernamePasswordを入力します。
  9. 適用をクリックします。