メインフレーム接続の追加または削除 | Teradata Vantage on Azure (DIY) - 2.3 - メインフレーム接続の追加と削除 - Teradata Vantage on Azure

Teradata Vantage™ on Azure (DIY) インストールと管理ガイド

Product
Teradata Vantage on Azure
Release Number
2.3
Published
2022年4月
Language
日本語
Last Update
2022-04-26
dita:mapPath
ja-JP/jsn1635415435502.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/fui1635951983017.ditaval
前提条件
  • 開始する前に、ポート64432を開き、メインフレームが接続されている間はポートを開いたままにします。
  • pdepath -iを使用してTeradataのバージョンを確認する。
  • 依存パッケージ(TCHNluminex、、およびbti-channel)がTeradataノードにインストールされているかどうかを確認します。

    rpm -qa|grep -Ei 'tchn|luminex|bti-channel'.

    パッケージが存在しない場合は、GSO Change Controlチームに変更要求を提出するように依頼してください。
  • TCHNと依存パッケージをTSDからダウンロードします。 TDBMSバージョンと同じバージョンをダウンロードします。
  • Azureのみ-tdc-azure-allを8.5.5または最新バージョンにアップグレードします。
  • tdc-feature-initのコマンドを実行します。
  • HSN更新の場合は、コマンドtdc-hot-standby update/launchを実行します。
メインフレーム接続の追加または削除には、構成にもよりますが、通常3~5分かかります。
  1. データベースを停止します。
    # tpareset –x –y stop for mainframe connectivity
  2. データベースがDOWN/HARDSTOP状態にあることを確認します。
    # pdestate -a
    PDE state: DOWN/HARDSTOP
    データベースをこの状態にするのに数分かかる場合があります。
  3. 次のいずれかを実行して、コマンドを実行します。
    オプション アクション
    接続を追加する
    1. 引数を指定してtdc-mainframe addを実行する。
    説明
    • -cの後に、追加するPEの数
    • -yを-cと組み合わせて使用すると、ユーザー プロンプトがバイパスされ、コマンドの実行が自動的に続行される
    • -hでヘルプ情報を表示する
    接続を削除する
    1. 引数なしでtdc-mainframe deleteを実行する。

    このコマンドを実行すると、PEとノードは自動的に削除される。

    • メインフレームPEを2つ追加する場合の例: tdc-mainframe add -c 2
    • メインフレームPEを1つ追加する場合の例: tdc-mainframe add -c 1
    • tdc-mainframeの実行中、データベースは複数回再起動する。
  4. プロンプトで、データベースのステータスをチェックして、ログオンが有効になっていることを確認します。
    # pdestate -a
    PDE state is RUN/STARTED.
    DBS state is 4: Logons are enabled - Users are logged on
  5. メインフレーム接続を削除する場合は、ポート64432を閉じます。