AzureでサポートされているTeradataソフトウェア - 2.3 - AzureでサポートされているTeradataソフトウェア - Teradata Vantage on Azure

Teradata Vantage™ on Azure (DIY) インストールと管理ガイド

Product
Teradata Vantage on Azure
Release Number
2.3
Published
2022年4月
Language
日本語
Last Update
2022-04-26
dita:mapPath
ja-JP/jsn1635415435502.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/fui1635951983017.ditaval

特に明記されていない限り、 Azureから次のTeradataソフトウェアにアクセスできます。ソフトウェアをTeradataソフトウェア エコシステムとして、または個別に展開します。

一部のソフトウェアには追加料金が適用されます。

ソフトウェア 説明
Teradata Vantage ビジネス上の課題を解決するために安全でスケーラブルな高性能分析を行なうための主要な分析プラットフォームを提供する。

Machine LearningおよびGraph EnginesにはTeradata Vantage on Azure (DIY) は含まれない。

Teradata Data Mover 確立されたデータ ローディング プロトコルとテクノロジを活用して、データ移動の要件を満たす。このユーティリティは、定期的なタスク(エンタープライズ データウェアハウスからの従属型データ マートへの入力など)や、特別な1回限りのタスク(テスト システムへのデータ移動など)に使用できる。
Teradata Data Stream Controller 管理機能とメタデータ ストレージを提供しており、パブリック クラウドでのTeradataシステムのバックアップと復元のための重要なコンポーネントである。Data Stream Controllerは、オブジェクト レベルのバックアップと復元を有効にするために必要な管理サーバー。サーバーには、Teradataシステムとバックアップ ターゲットのバックアップと復元のジョブ定義とそれに関連する構成詳細のためのリポジトリが含まれている。
Teradata Parallel Upgrade Tool Vantageとその他のTeradataソフトウェアをアップグレードする方法を提供する。PUTはVantageにバンドルされている。
Teradata QueryGrid™ VantageVantageのような同じタイプ、またはVantageとHiveのような異なるタイプの1つまたは複数のデータ ソースからのデータを結合する単一のSQLクエリーを開始できるデータ分析ファブリックを提供する。
Teradata Query Service Vantageへのインターフェースを提供し、アプリケーション開発者がWebページまたはアプリケーションからのデータに接続するための簡素化された最新のインターフェースを可能にする。
Teradata Server Management

VMをモニターし、データベースとオペレーティング システムのエラーおよび動作状態の変化に関連するアラートを生成する。

Teradata Studio™ VantageおよびHadoopシステムでクエリー開発、データベース管理、およびアドホック データ移動タスクを実行するためのデスクトップ ツールを提供する。

このソフトウェアはTeradata Communityから入手し、他のソフトウェア コンポーネントとは別にインストールおよび構成される。

Teradata Tools and Utilities Teradataシステムを事業に統合し、大量のデータの移動や複数のデータ ソースへの並列アクセスなど、毎日のデータ ウェアハウス管理タスクを合理化し、Teradataシステム全体のパフォーマンスを向上させるためのユーティリティとライブラリを提供する。

このソフトウェアはVantageにバンドルされているものの、別々にインストールおよび構成される。

Teradata Viewpoint 独自のシステム管理ダッシュボードをカスタマイズできる構成可能なポートレットを使用した、Teradataのパフォーマンスおよびヘルス管理のためのWebベースの管理ポータルを提供する。