導入後のシステムのスケール アウト| Teradata Vantage on Azure (DIY) - 2.3 - 導入後のシステムのスケール アウト - Teradata Vantage on Azure

Teradata Vantage™ on Azure (DIY) インストールと管理ガイド

Product
Teradata Vantage on Azure
Release Number
2.3
Published
2022年4月
Language
日本語
Last Update
2022-04-26
dita:mapPath
ja-JP/jsn1635415435502.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/fui1635951983017.ditaval
前提条件
  • スケール アウトするとデータベースが再構成され、プレミアムストレージが移行されるため、Vantageのダウンタイムが必要です。ユーザーへの影響を最小限に抑える時間をスケジュールします。
  • Azureのサービス制限を増やす必要がある場合があります。Azureサービスの制限を参照してください。
  • 新しいVMごとに、使用可能なIPが1つと、単一のサブネットから既存のノードに接続されたIPが1つあることを確認してください。必要なネットワークリソースを割り当てるには、COPエントリの構成を参照してください。
[Base、Advanced、およびEnterprise層のみ]この手順を使用して、展開後にシステムをスケール アウトします。次のいずれかのシナリオでスケール アウトしようとすると、エラーが発生します。
  • 現在のシステムの最大ノード制限を超えています。サポートされているノード数を参照してください。
  • 展開されたノードあたりAMPシステムのサイズの4倍(4倍)を超えています。
  • 最小ストレージサブプール数を超えています(ノードごとに1つ)。
  1. データベースを停止します。
    # tpareset –x -f –y stop system
  2. すべてのノードで次のコマンドを実行して、データベースがダウンしていることを確認します。
    # pdestate -a
    PDE state: DOWN/HARDSTOP
  3. 現在のシステムでサポートされているすべてのノード構成を表示します。
    # tdc-scale-out -d
    システムに変更は適用されません。
  4. サポートされているノード構成を、特定のノード数とオプションの引数とともに表示します。
    # tdc-scale-out node_count [options]
    説明
    この例は、システムを4ノードから6ノードにスケール アウトした後に現在の構成がどのように変化するかを示しています。
    database001-01:~ # tdc-scale-out 6 -p -a 
    
    Current Configuration:
    ===========================================================================
     Nodes:
             Node Count:    4
    ---------------------------------------------------------------------------
     CPU(Core)/Mem(GB):
             CPUs/Node:    20             CPUs Total:    80
              Mem/Node:   144              Mem Total:   576
    ---------------------------------------------------------------------------
     AMPs/PEs:
             AMPs/Node:    12             AMPs Total:    48
              PEs/Node:     2              PEs Total:     8
    ===========================================================================
    
    
    Current system will be scaled out to [6]:
    ===========================================================================
     Nodes:
             Node Count:    4 => 6
    ---------------------------------------------------------------------------
     CPU(Core)/Mem(GB):
              CPUs/Node:   20 == 20       CPUs Total:    80 => 120
               Mem/Node:  144 == 144       Mem Total:   576 => 864
    ---------------------------------------------------------------------------
     AMPs/PEs:
              AMPs/Node:   12 => 8        AMPs Total:    48 == 48
               PEs/Node:    2 == 2         PEs Total:     8 => 12
    ===========================================================================
    Continue? [yes/no] yes
  5. yesと入力して続行します。
    このプロセスが完了するまでに約30分かかります。その後、新しい構成が現在の構成の下に表示されます。
  6. (オプション)すべてのノードで次のコマンドを実行して、データベースが実行されていることを確認します。
    # pdestate –a
    PDE state: RUN/STARTED
  7. (オプション)診断ログとトラブルシューティングログを確認します。