Microsoft Azureの問題 | Teradata Vantage on Azure (DIY) - 2.3 - Microsoft Azureの問題 - Teradata Vantage on Azure

Teradata Vantage™ on Azure (DIY) インストールと管理ガイド

Product
Teradata Vantage on Azure
Release Number
2.3
Published
2022年4月
Language
日本語
Last Update
2022-04-26
dita:mapPath
ja-JP/jsn1635415435502.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/fui1635951983017.ditaval

ソリューション テンプレートからTeradataエコシステムを展開するとき、またはAzureにTeradata製品を個別に展開するときに、展開中または展開後にAzure関連の問題が発生する可能性があります。エラーの詳細については、 Azureポータルからサマリーページにアクセスしてください。

一般的なAzure展開エラーのトラブルシューティングと、 Azure リソース マネージャを使用した展開操作の表示については、Azureドキュメント センターを参照してください。

展開中に検証に失敗した可能性のあるエラー

エラー 解決策
BadRequest さまざまな原因があるため、このエラーとともに追加情報が表示されます。

考えられる原因の1つが表示されます。BadRequest: Offer with PublisherId: teradata, OfferId: teradata-xxxxxx-xxxx cannot be purchased due to validation errors. See details for more information. We could not find a credit card on file for your Azure subscription. Please make sure a valid credit card is associated to your Azure Subscription.この問題を解決するには、ユーザーアクセス管理者に連絡して、サブスクリプションに適切にアクセスできることを確認してください。サブスクリプションの種類を変更するか、 Azureサブスクリプションに有効なクレジットカード番号を追加した後、展開を再試行してください。

Not Available さまざまな原因があるため、このエラーとともにツールチップメッセージが表示されます。このエラーは、お住まいの地域でVMサイズが利用できないことが原因である可能性があります。
QuotaExceeded Azureサービスの制限を増やします。エラーには、コアなど、増やす必要のあるクォータタイプの情報が含まれています。Azureサービスの制限を参照してください。

展開中の障害のトラブルシューティング

Azureポータルから、展開ブレードを選択して、VMが時間どおりに展開できなかったなど、障害が一時的なものであるかどうかを確認します。障害の性質に応じて、リソースに問題があった場合は、新しく展開されたVMを削除できます。さらにトラブルシューティングするには、次の手順を実行します。
  1. Azureポータルから、リソース グループに移動します。
  2. 失敗した展開をクリックします。
  3. 失敗した最も古いイベントまで下にスクロールし、イベントをクリックして詳細を表示します。
  4. エラーが一時的なものであると思われる場合は、Vantage展開の外部に他のリソースが含まれていない場合は、リソース グループを削除してから、展開を再試行します。
  5. エラーが一時的なものでない場合は、会社のクラウド管理者にサポートを依頼するか、 Azureサポート リクエストを開いてください。