Viewpointの展開 | Teradata Vantage on Azure (DIY) - 2.3 - イメージからのViewpoint VMの展開 - Teradata Vantage on Azure

Teradata Vantage™ on Azure (DIY) インストールと管理ガイド

Product
Teradata Vantage on Azure
Release Number
2.3
Published
2022年4月
Language
日本語
Last Update
2022-04-26
dita:mapPath
ja-JP/jsn1635415435502.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/fui1635951983017.ditaval
  1. Azure Marketplaceにログインして、Teradata Viewpointを検索します。
  2. 次の結果のいずれかを選択し、今すぐ入手 > 続行をクリックします。
    ソフトウェア 説明
    Teradata Viewpoint (Multiple Systems) 個別購入可能です。
    Teradata Viewpoint DIY Vantageの購入に含まれています。
  3. リストで、作成をクリックします。
  4. 基本タブで、基本設定を構成します。
    パラメータ アクション
    PROJECT DETAILS
    サブスクリプション サブスクリプションを選択します。
    リソース グループ 次のいずれかを選択します。
    • 新規作成そしてリソース グループの名前を入力します。
    • 既存の使用そして空の既存のリソース グループを選択します。
    INSTANCE DETAILS
    仮想マシン名 VMの識別子とホスト名を入力します。
    リージョン VMを展開するAzureリージョンを選択します。

    すべてのVMサイズがすべてのリージョンで利用できるわけではありません。

    可用性オプション アプリケーションの可用性と復元力を管理するためのオプションを選択します。アベイラビリティーゾーンまたはアベイラビリティーセットでレプリケートされたVMを使用して、データセンターの停止やメンテナンスイベントからアプリケーションとデータを保護するようにソリューションを設計できます。
    イメージ VMのベースオペレーティングシステムまたはアプリケーションを選択します。
    サイズ VMサイズを選択します。

    価格には、 Azureインフラストラクチャのコストと、サブスクリプションと場所の割引のみが含まれます。価格には、該当するソフトウェアの費用は含まれていません。推奨サイズは、ハードウェアとソフトウェアの要件に基づいて、選択したイメージの発行元によって決定されます。

    ADMINISTRATOR ACCOUNT
    認証タイプ 認証方式を選択してください:
    セキュリティ上の理由から、SSH公開鍵をお勧めします。
    パスワード
    小文字1文字、大文字1文字、数字1文字、特殊文字1文字を使用して、12文字以上のパスワードを入力してください。 確認のため、パスワードをもう一度入力します。
    SSH公開鍵
    PuTTYやSecureCRTなどのツールで生成できるOpenSSH公開鍵をコピーして貼り付けます。
  5. 次へ : ディスク >をクリックします。
  6. ディスクタブで、追加のデータディスクを構成してVMに接続できます。
    パラメータ アクション
    DISK OPTIONS
    OSディスク タイプ 次のいずれかのオプションを選択する:
    • Premium SSD:I/O-intensiveアプリケーションと実働ワークロードに対して、高性能で低遅延のディスクサポートを提供します。
    • Standard SSD:より低いIOPSレベルで一貫したパフォーマンスを必要とするワークロード向けに最適化された費用対効果の高いストレージオプションを提供します。
    • Standard HDD:開発とテストのシナリオおよびそれほど重要ではないワークロードのための低コストのオプションを提供します。
    ADVANCED
    管理対象ディスクを使用する いいえまたははいを選択します。

    最高のパフォーマンス、信頼性、スケーラビリティ、およびアクセス制御を実現するには、ほとんどのVM構成にAzure管理対象ディスクを使用することをお勧めします。特定の従来のシナリオをサポートする必要がある場合、または独自のストレージアカウントでディスクVHDを管理する場合は、アンマネージドディスクを使用してください。

  7. 次へ : ネットワーキング >をクリックします。
  8. ネットワーキングタブで、VMのネットワーク接続を構成します。
    パラメータ アクション
    CONFIGURE VIRTUAL NETWORKS
    仮想ネットワーク データベースの展開時に作成された仮想ネットワークを選択します。

    VNetピアリングを使用している場合は、新しい仮想ネットワークを作成できます。

    サブネット データベースの展開時に作成されたサブネット(vmsubnet)を選択します。

    VNetピアリングを使用している場合は、新しいサブネットを作成できます。

    パブリックIP 次のいずれかを実行します。
    • 新しいパブリックIPアドレスを作成します。
    • 既存のパブリックIPアドレスを選択します。
    • パブリックIPアドレスをVMに割り当てない場合は、なしを選択します。代わりに、同じVNet内の別のジャンプボックスVMを使用して、またはVPNを介してVMにアクセスします。

    パブリックIPアドレスを使用している場合は、NSGルールを確認して、既知の送信元IP範囲のみへのアクセスをロックダウンします。

    NICネットワーク セキュリティ グループ 次のいずれかを実行します。
    • ネットワーク セキュリティ グループをVMに関連付けない場合は、なしを選択します。
    • 基本を選択して、パブリックインバウンドポートを許可および選択します。
    • 詳細を選択して構成するか、新しいネットワーク セキュリティ グループを作成します。
    加速されたネットワーキング ネットワークインターフェイスで低遅延と高スループットを有効にするには、オンを選択します。
    LOAD BALANCING
    この仮想マシンを既存の負荷分散ソリューションの背後に配置しますか? はいまたはいいえを選択します。
  9. 次へ : 管理 >をクリックします。
  10. 管理タブで、VMの管理および監視オプションを構成します。
    パラメータ アクション
    MONITORING
    ブート診断 オンを選択して、ホストで実行されているVMのシリアルコンソール出力とスクリーンショットをキャプチャし、起動時の問題の診断に役立てます。
    OSゲスト診断 オンを選択すると、VMのメトリックを毎分受信します。これを使用して、アラートを作成し、アプリケーションに関する情報を入手できます。
    診断ストレージアカウント 独自のツールで分析するためのメトリックを保存するストレージアカウントを選択します。
    IDENTITY
    システムに割り当てられたManaged Identity オンを選択すると、コードにクレデンシャルを保存せずにAzureリソースがクラウドサービス( Azure Key Vaultなど)に対して認証できるようになります。有効にすると、 Azureの役割ベースのアクセス制御を介して必要なすべてのアクセス許可を付与できます。

    各リソース(VMなど)は、システムによって割り当てられたManaged Identityを1つだけ持つことができます。

    AUTO-SHUTDOWN
    自動シャットダウンを有効にする オンを選択して、VMを毎日自動的にシャットダウンするように構成します。
  11. 次へ : ゲスト設定 >をクリックします。
  12. ゲスト設定タブでは、VM拡張機能またはcloud-initを介してエージェント、スクリプト、またはアプリケーションを追加できます。
    パラメータ アクション
    EXTENSIONS
    拡張機能 拡張機能を選択して、構成管理やウイルス対策保護などの新機能をVMにインストールします。

    拡張機能は、展開後の構成と自動化を提供します。

  13. 次へ : タグ >をクリックします。
  14. タグタブで、名前と値のペアを作成して、リソースを分類し、統合請求を表示できます。
  15. 次へ : レビュー + 作成 >をクリックします。
  16. レビュー + 作成タブで、商品の詳細、利用規約、設定を確認し、作成をクリックします。
    このプロセスは、構成とお住まいの地域のリソースの可用性に応じて、約15分かかります。
    VMにSSHで接続しようとすると、VMの作成が失敗する可能性があります。 VMが作成されたことを確認するか、失敗通知を受け取るまで、VMにSSHで接続しようとしないでください。
  17. VMの作成の進行状況を監視するには、 Azureポータルから次の手順を実行します。
    1. ""をクリックして通知を表示し、展開が開始されたかどうかを確認します。
      通知は、展開を開始する前にアラートを設定した場合にのみアラートを送信します。
      操作の詳細の下で、各リソースの横の最初の列に青いステータスシンボルが表示され、展開プロセスが続行されていることを示します。
    2. 右側のペインの上部にある""をクリックして、ペインを更新します。
      操作の詳細の下で、青色のステータスシンボルが、各リソースの横の最初の列にある緑色のチェックマークに変わり、展開プロセスが終了したことを示します。
    3. サマリーの下で、STATUSSucceededが表示されると、VMが作成されています。
次のタスクViewpointの構成の下で該当する手順を完了します。