CMICをインタラクティブに構成する | Teradata Vantage on Azure (DIY) - 2.3 - CMICをインタラクティブに構成する - Teradata Vantage on Azure

Teradata Vantage™ on Azure (DIY) インストールと管理ガイド

Product
Teradata Vantage on Azure
Release Number
2.3
Published
2022年4月
Language
日本語
Last Update
2022-04-26
dita:mapPath
ja-JP/jsn1635415435502.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/fui1635951983017.ditaval
または、CMICをバッチモードで構成することもできます。
  1. Azureポータルから、次のようにIP情報をメモします。
    • CMIC VMの場合、パブリックIPアドレス
    • マルチノードまたはシングルノードVMの場合、各データベースノードのプライベートIPアドレス
    • Teradata Viewpoint VMおよびTeradata Data Moverなどの他の管理対象VMの場合、各VMの プライベートIPアドレス
  2. Vantage VM、Viewpoint VM、およびServer Managementが接続しているすべてのVMのポートが、Server ManagementノードのプライベートIPアドレスに対して開いていることを確認します。
    少なくとも、ポート5180-5181および5190-5191は、VantageおよびすべてのアプリケーションVMで開いている必要があります。
  3. VMの展開時に選択した認証タイプを使用してVMにログオンします。
  4. 構成ユーティリティを実行します。
    # sudo /opt/teradata/cmic/bin/cmic-cloud-config
  5. プロンプトが表示されたら、各データベースノードのIPアドレス情報を入力します。
    • マルチノードシステムの場合は、各データベースノードのプライベートIPアドレスを角かっこで囲み、複数の値をスペースで区切って入力します。
      Teradata DBS systems >  [private-DBS-IP1 private-DBS-IP2]
    • シングルノードシステムの場合、データベースノードのプライベートIPアドレスを角かっこなしで入力します:
      Teradata DBS systems >  private-DBS-IP
  6. プロンプトが表示されたら、 ViewpointのプライベートIPアドレスを入力します。
    Teradata Viewpoint IP >  private-VP-IP
  7. プロンプトが表示されたら、次のいずれかを実行します。
    • Teradata Data Moverなどのすべての管理対象VMのプライベートIPアドレスを入力し、IPアドレスをスペースで区切ります。
    • 追加する管理対象VMがない場合は、Enterを押します。
    VantageおよびViewpointプライベートIPアドレスは、前の手順で入力されます。
    All Managed instances > private-DBS-IP private-VP-IP private-DM-IP private-Eco-IP  
  8. [Enterprise、Advanced、Base層のみ]サイトIDをお持ちの場合は、入力してください。
    SiteID > AZRTDBnnnnnnnnn
  9. Server Management管理者パスワードが構成されていない場合、ユーティリティはパスワードの入力を求めます。
    ServerManagement admin password > Password
    パスワードは6〜32文字の英数字である必要があります。
    ユーティリティはエントリを検証します。
  10. Server ManagementRESTパスワードが構成されていない場合、ユーティリティーはパスワードの入力を求めるプロンプトを表示します。
    ServerManagement REST password >  password  
    パスワードは6〜32文字の英数字である必要があります。
    パスワードは必須ですが、保存されません。
  11. プロンプトが表示されたら、yesと入力して続行し、CMIC構成の更新を終了します。
    Proceed with CMIC configuration? (yes/no) > yes
    この手順を完了すると、 ViewpointサーバーでServer Managementポートレットを構成できます。Teradata® Viewpointユーザー ガイドを参照してください。