最近の更新 | Teradata Vantage on Azure (DIY) - 2.3 - 変更と追加 - Teradata Vantage on Azure

Teradata Vantage™ on Azure (DIY) インストールと管理ガイド

Product
Teradata Vantage on Azure
Release Number
2.3
Published
2022年4月
Language
日本語
Last Update
2022-04-26
dita:mapPath
ja-JP/jsn1635415435502.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/fui1635951983017.ditaval
日付 解放 説明
2022年3月 2.3.0.2
  • Ecosystem Managerの参照を削除。
  • SLESバージョンの更新。
  • CMIC情報の更新。
  • スケール アウト情報の更新。
.
2021年11月 2.3.0.1 Azureリージョンの新しいトピックが含まれています。
2021年8月 2.2.1
  • Unity情報を削除しました。
  • IntelliSphere情報を削除しました。
  • プロキシサーバーを追加しました。
2021年3月 8.0
  • 中国リージョンでは利用できないDeveloper層に関する情報を追加しました。
  • 中国リージョンでのプロビジョニングに関する追加情報。
2019年12月 8.0
  • Server Management VMの構成情報を更新しました。
  • Managed Identityに関する情報を追加しました。
  • ストレージ拡張のトピックを明確にしました。
  • 廃止された管理タスク情報を削除しました。
  • Unityを設定するための手順を追加しました。
  • サポートされているノード数のトピックを更新しました。
  • リソース グループのトピックを更新して、ソリューション テンプレートから展開するときに2番目のリソース グループが作成されることを示しました。
  • 「Run-It-Yourself」を「Do-It-Yourself」に変更しました。
  • ソフトウェアの構成についてTeradataに連絡することが推奨されている場合は、 Teradataアカウントチームへの参照を変更し、Velocity URLをContact Us URLに変更しました。