ServiceConnectのリモート アクセス デバイスの追加 | Teradata Server Management - 2.3 - リモート アクセス デバイスの追加 - Teradata Vantage on Azure

Teradata Vantage™ on Azure (DIY) インストールと管理ガイド

Product
Teradata Vantage on Azure
Release Number
2.3
Published
2022年4月
Language
日本語
Last Update
2022-04-26
dita:mapPath
ja-JP/jsn1635415435502.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/fui1635951983017.ditaval
"" サービス ユーザー
これは、CMICでServiceConnectを構成している場合にのみ適用されます。

リモート アクセス デバイスは、Teradataカスタマー サービス アナリストがServiceConnectゲートウェイを介して安全な方法で特定のデバイスに直接接続する機能を提供します。Server Managementドメイン内の管理対象ノードおよびシステム(使用可能な場合はSWSへの接続を含む)に基づいて、ServiceConnectの初期構成中に複数のリモート アクセス デバイスを構成できます。リモート アクセス デバイスを追加する場合、各ゲートウェイは、エンタープライズ サーバーからの冗長ゲートウェイでリモート接続を利用できるように同様に構成されます。

  1. Web Clientで、"" > 設定 > リモート アクセスを選択します。
  2. 装置の追加をクリックします。
  3. モデル名前、およびホストを選択します。
    可能であれば、提供されているデフォルトのデバイス名を使用することを推奨します。デバイス名を手動で構成する場合は、それらがSiteIDで始まり、使用される接続エンドポイントまたはデバイス モデルを説明していることを確認します。冗長ゲートウェイ構成では、この名前はSITEID01_SWSである必要があります。
  4. リモート アクセス デバイスのホストIPアドレスまたは名前を入力し、保存をクリックします。
  5. ホストの妥当性検査が必要な場合は、ホストの妥当性検査を選択します。
    IPアドレスの妥当性検査に失敗した場合、リモート デバイスは追加されません。構成を保存して後で接続の問題を診断する場合は、ホストの妥当性検査保存のチェックを再びオフにします。