2.16 - Hiveユーザーのプライマリ グループの構成 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
  1. Linuxで次のいずれかのコマンドを実行し、Hiveユーザーのプライマリ グループのロギングを有効にします。
    オプション アクション
    Non-Kerberized CDH、CDP、またはDataproc。Hiveユーザーのプライマリ グループを変更し、非Kerberos対応HadoopクラスタでHiveコネクタを使用してロギングを有効にします。

    usermod -g hadoop hive

    すべてのノードで残りのコマンドを実行します。

    Kerberos対応 CDH、HDP、またはDataproc。Kerberos対応HadoopクラスタでHiveコネクタを使用してロギングを有効にします。Kerberosプリンシパルに該当する各ユーザーには、hadoopのプライマリ グループが含まれている必要があります。

    usermod -g hadoop principalName

    すべてのノードで残りのコマンドを実行します。