2.16 - Cloudera CDH/CDPでのQueryGridの自動デプロイ - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

この手順では、ClouderaマネージャにQueryGridソフトウェアをインストールする際に役立つ、Clouderaマネージャ拡張機能、カスタム サービス記述子(CSD)を作成します。このサービスは、HDFSやHBaseなど他のサービスに類似しています。QueryGridコンポーネントの互換性については、Teradata QueryGrid互換性マトリックスを参照してください。

CSDは、TDQG_DEPLOYMENT.jarという名前のjarファイルとしてパッケージ化され、ノード パッケージtdqg-node-version.tar.gzの一部になります。

この手順では、次の項目を前提条件とします。
  • JarファイルをClouderaマネージャ(CM)サーバーにコピーするために必要な権限がある。
  • CMサーバーを再起動するために必要な権限がある。
  • cURLツールが、QueryGridをインストールするすべてのノードにインストールされている。
  1. システムを追加し、QueryGridマネージャにより生成されたtdqg-node.jsonトークン ファイルをTeradata QueryGridサービスにダウンロードします。
    tdqg-node.jsonのダウンロードの詳細については、手動でのノードの追加を参照してください。
  2. ClouderaマネージャにTeradata QueryGridサービスをインストールする
    1. ノード パッケージをダウンロードします。
      詳細については、<必要なパッケージのダウンロード>を参照してください。
    2. パッケージを解凍します。
      tar -xvzf tdqg-node-version.tar.gz

      CSD jarは、qgdeployment/cloudera named TDQG_DEPLOYMENT.jarというパスにあります。

    3. jarファイルをCMサーバーのCSDリポジトリにコピーします。
      サーバー上のデフォルト パスは次のとおりです。/opt/cloudera/csd
    4. CSDファイルの所有権と権限を変更します。
      chown cloudera-scm:cloudera-scm /opt/cloudera/csd/TDQG_DEPLOYMENT.jar

      chmod 644 /opt/cloudera/csd/TDQG_DEPLOYMENT.jar

    5. CM service cloudera-scm-server restartを再起動します。
      CMサーバーを再起動すると、QueryGridTeradata QueryGridという名前のサービスとして使用できます。
    6. CM Web UIからサービスの追加を選択し、Teradata QueryGridサービスを追加します。
      サービスの追加の詳細については、https://docs.cloudera.com/documentation/enterprise/latest/topics/cm_mc_add_service.htmlを参照してください。
    7. 入力パラメータ テキストに、トークン ファイルtdqg-node.jsonの完全なテキストを設定します。
      トークン ファイルtdqg-node.jsonadvanced qgconfigにあります。
  3. 次のいずれかを実行します。
    オプション アクション
    クラスタ内の既存のノードにQueryGridをインストールする
    1. CMで、サービスTeradata QueryGridに移動します。
    2. ロール インスタンスの追加を選択します。
    3. サービスをインストールするノードを選択し、続行を選択します。
    4. JSON構成が無効または期限切れの場合は、入力パラメータFull text of tdqg-node.jsonを変更し、続行を選択します。

      サービスがノードに追加されます。

    5. 新しいノードを選択し、選択対象のアクション > 開始 > 続行を選択します。
    新しいノードへのQueryGridのインストール

    ホストの追加ウィザードを使用してCMで新しいノードを追加するとき、QueryGridをインストールするTeradata QueryGridサービスを選択します。このオプションは、ホスト テンプレートを選択すると使用できます。

    1. Teradata QueryGridサービスでホスト テンプレートを作成します。

      詳細については、https://docs.cloudera.com/documentation/enterprise/latest/topics/cm_mc_host_templates.html#cmug_topic_7_7_1を参照してください。

    2. ホスト > ホストの追加を選択し、ホスト テンプレートを選択します。

      詳細については、https://docs.cloudera.com/documentation/enterprise/latest/topics/cm_mc_adding_hosts.html#cmug_topic_7_5_1__title_215を参照してください。