2.16 - 既知の制限事項 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
以下の既知の制限事項は、PrestoからTeradataへのリンクの使用に影響します。
  • システム間のトランザクション セマンティックはサポートされていません。
  • Teradata QueryGridでは、リモートTeradataクエリーに対するクエリー メトリック(CPU使用率など)は収集されません。
  • BLOBとCLOBでサポートされる最大サイズは2 GB (2,097,088,000)未満です。
  • VARCHARの最大サイズは64kです。
  • 一時データベース名、NVPは、Teradata Databaseバージョン15.10ではサポートされていません。
  • Prestoターゲット コネクタでは、外部関数の実行(FFE)機能はサポートされていません。
  • Prestoの使用はメモリ内で実行できるクエリーに制限されているため、Hiveで実行される一部のクエリーはPresto内で実行できない場合があります。
  • システム間のトランザクション セマンティックはサポートされていません。
  • データをエクスポートしてリモート システムにコミットした後は、ローカル システム上で後続のエラーまたはアボートが発生しても、リモート リクエストをロールバックしません。

  • Prestoは、Sentryが有効になっていない限り、ロールとアクセス制御をサポートしません。
  • Teradata QueryGridは、PrestoコネクタでのTimeWithTimeZoneデータ型およびTimestampWithTimeZoneデータ型をサポートしていません。
  • Prestoイニシエータ コネクタでEXPLAINコマンドを使用する場合、リモート クエリーと実行プランのデータは返されません。
  • タイムスタンプの精度のデフォルトは3です。Teradata QueryGridは、小数点以下4桁以降のデータを切り捨てます。
  • 述語プッシュダウンを使用する場合、Array、Time、TimeWithTimeZone、Timestamp、TimestampWithTimeZoneのデータ型はプッシュダウンされません。
  • リモート システムのタイム ゾーンがイニシエータ システムのタイム ゾーンと異なる場合、WHERE句で使用される日付リテラルはリモート システムのタイム ゾーンに変換されません。UTF-16補助文字がテーブル内で2バイトを超えると、データが切り捨てられます。
  • LIMIT句の条件プッシュダウンはサポートされていません。
  • リモート システムのタイム ゾーンがイニシエータ システムのタイム ゾーンと異なる場合、WHERE句で使用される日付リテラルはリモート システムのタイム ゾーンに変換されません。
  • WHERE句でDATEと比較すると、正しくない結果が得られる可能性があります。